忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





10月31日(ブルームバーグ):
ロジャーズ氏:ユーロは20年内に消滅と予想-統一通貨は存続しない



 投資家のジム・ロジャーズ氏は31日、「ユーロはこの先15-20年はもたないだろう。統一通貨がこれまで存続した例はない」と述べた。同氏はアムステルダムで開かれたABNアムロ・ホールディング主催の投資家会議に出席した。


引用元記事

 ジム・ロジャーズ氏のユーロについての考えは、「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見」のP46~50に書かれています。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
株式新聞特集
ちふ
なかなかショッキングな見解ですね。
話は異なりますが、『株式新聞』の特集で独占インタビューが載っています。

http://www.morningstar.co.jp/event/0810/ms2/index.html

おそらく真新しい見解はないと思うのですが、現状に対する認識がコンパクトにまとまっているのではないでしょうか?
2008/11/02(Sun)10:39:49 編集
無題
アップルパイ
ジムは人口については出生率の回復を予想しています。

育児銘柄は比較的に少ないので選びやすいかもしれないですね。
2008/11/02(Sun)13:08:53 編集
少子化対策
ちふさん

情報ありがとうございます。


アップルパイさん

「実際には、もっと子供を増やすか、移民を受け入れるか、生活水準の低下を国民にのんでもらうか、の3つの選択肢を突き付けられた日本は、生活水準の低下を選んでしまいました。」
(マネージャパン12月要より)

 最近は上記のように発言しておりジム・ロジャーズの考えも若干変わってきているような
前は「生活水準の低下を選ぼうとしているようにみえる」ぐらいの表現だったのに、今回は過去断定形になっています。

 個人的にも、今の政府が少子化対策を考えているようにも、出生率が増えるようにも見えないです。
2008/11/02(Sun)22:07:02 編集
一人言です。
アップルパイ
例えばですが、産婦人科の数が減っているのはなぜでしょうか?

医師が減っているというよりは赤ちゃん増えてるのではないですかね、あるいはこれから増えるか、正しいか分かりませんけど、そうだった場合は公には言えないはずです。

正しいかわかりませんが、理性的、知的になるほど合理的になって晩婚化したりしますが、教育水準を下げ感情的になり後先考えずにいると、出来ちゃった婚が多発する可能性は高いと思います。

そこに過剰な恋愛の話題や下ネタを情報で常識化した場合は十分な少子化対策かもしれません。

ここでちょっと対策を出せば完了だと私個人では思います。
2008/11/03(Mon)08:23:22 編集
出生率
NONAME
出生率に関して言えば、わずかに上昇に転じたと聞いたことがあります。

ttp://www.ipss.go.jp/syoushika/seisaku/html/111b1.htm

ただし、長期的に人口維持できる水準よりかなり低い、とのことですが。
2008/11/03(Mon)10:48:39 編集
Re:出生率
アップルパイさん

産婦人科の病院や医師は文字通り本当に減っているようです。

お産扱う病院、1年で8%減少
ttp://www.asahi.com/national/update/1101/TKY200811010200.html
産婦人科は9592人で10年前に比べ12%減。
ttp://news.goo.ne.jp/hatake/20071222/kiji683.html

 産婦人科は急激に減っているけど生まれる子供の数も少なくなっているので、なんとかもっているようです。
(一部では悲しい事故になってしまいましたが)
 産婦人科医が減っている原因として、過酷な労働条件と訴訟リスクが高くなり手が少なくなっているのが原因のようです。


NONAMEさん

統計情報ありがとうございます。
よく言われることですが少子化の原因は晩婚化・非婚化でしょうね
私の回りでは、結婚している方は子供いる方のほうが圧倒的に多いです。
しかし、これだけ晩婚化・非婚化が急激にすすめば、全体の出生率維持しているほうがおかしいです。


晩婚化の進行
ttp://www.ipss.go.jp/syoushika/seisaku/html/112a1.htm

未婚化の進行
ttp://www.ipss.go.jp/syoushika/seisaku/html/112a2.htm
2008/11/03(Mon)17:28:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
ECBこそ懺悔すべき
イギリスの中央銀行の委員が利下げのタイミングを間違えたとして、英ガーディアン紙と
URL 2008/11/28(Fri)00:55:59
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ