忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




ジム・ロジャーズが最近また中国株を買っているようです。

2013年11月19日(WSJ.com):
著名投資家ロジャーズ氏、中国に大きな変革の訪れを予感



 中国共産党中央委員会第3回全体会議(3中全会)の閉幕後、多くの人々の反応は「失望」だった。12日に発表された青写真がかなり物足りないものだったからだ。
 だが、15日には土地改革や一人っ子政策の緩和策、公害対策などについてかなり踏み込んだ内容の文書が発表された。
 
 これが著名投資家ジム・ロジャーズ氏をして「次の10年から20年にかかわる最も重要な経済イベントが北京で起こった」と言わしめた。
  ロジャーズ氏は、それは特に西側のメディアがほとんど無視してきたことだと指摘している。

 ジム・ロジャーズ氏は、中国に変革が近づきつつあることを感じとっている。

 土地改革には農民の権利拡大が含まれている。農民は長い間、土地は自分たちのものではないと認識していたが、今や、より効率の良い生産を目指して広い土地を集められる立場になる。
 食料品に多額の支出を回せる家計が増えつつある今、中国は国民の食料需要に追いつくため苦労している。

 中国の農業は毛沢東以降だめになったとロジャーズ氏は指摘する。文化大革命の間、10代の若者が労働力として集団農場へ送り込まれためだ。
 今回の改革への取り組みは、最後まで遂行されれば、成果を生むのにひと世代以上の時間がかかる可能性があるものの、鉄道や医療ケア、防衛分野と同様、農業は投資に値するセクターになったとロジャーズ氏はみている。

 ロジャーズ氏は、たとえ中国の株式市場が崩壊しても、「こうした産業は十分好調に推移する」とみている。
 同氏は08年以降で初めて、金融株を含む中国株を購入している。同氏は99年と05年にも中国株を購入していた。

 中国の政治家の決意も変わったとロジャーズ氏はみている。
 今回の全体会議の「最も重要な概念」は「確信がもてないときは、市場が決める」という考え方だと同氏は指摘する。国家管理下にある経済にとって、これは過去のやり方を180度転換するようなものだ。

 では、なぜ新指導部が単にリップサービスで改革をうたっているのではないと判断できるのだろうか。ロジャーズ氏は、自身もよくわからないと認めた上で、これまでとは違う何かを感じていると話す。
 同氏は「過去の指導部も変革を試みたが、官僚主義の壁にぶち当たった」と言う。だが今、政策立案者は「追い風を受けているように見える」ほか、指導部も「大いなる威信をかけている」と指摘する。

 改革への取り組みは、中国経済はバブルだったとか、その勢いも終わると言われ続けてきた中で行われることになる。これは南北戦争後に欧州が米国について言っていたことを思い起こさせるとロジャーズ氏は言う。当時、新世界と呼ばれたアメリカ大陸はまだ野放しの田舎だと思われていた。だが、第1次世界大戦後のひと世代で、文句なしのリーダーだった英国はあっという間にその地位から転落した。


引用元記事

2013年11月4日(フィスコ):

 ジム・ロジャーズ氏は2日、広州市(広東省)で行われた投資フォーラムで、中国株の先行きに楽観的な見方を示した。
 ロジャーズ氏は、「最近また中国株を買い入れた」と発言。「ここ5年で初めての買い場到来」だとし、今後も買い増しを続ける考えを示した。

引用元記事
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そう簡単に変わらないでしょう。
安山
民衆レベルでは不満が鬱積していて変革の波を感じます。
しかし政府はそれをなりふり構わず抑圧しようとしているようにしか見えません。
以前からやるやるといってきた公害対策もあまり改善されてないように思います。
人権問題もてんで解決の方向性が感じられません。
そう簡単に変わらないでしょう。
2013/11/24(Sun)09:37:54 編集
政治家を市場化
安山
やはり政治家を市場化すべきですね。
もちろん民主主義政治にする、ということです。
2013/11/24(Sun)09:41:00 編集
中国は21世紀の覇権国家になるでしょう
変わり者
中国は21世紀の覇権国家になるでしょう。20世紀の覇権国家だったアメリカは、10年後に財政破綻すると思います。米ドルはFRBの超量的緩和によってハイパーインフレになると予想。もしもFRBが金融引き締めを行ったら、米国株は大暴落すると思います。
2013/11/24(Sun)23:35:01 編集
で中国の地下鉄でどのくらい儲かるの?
picachu1234
皆さん、こんばんわヾ ^_^♪

リーマンショックの時一番悪影響を受けたのは
中国でした。
米国債とドルを大量に発行しているので、
ある時点で弾けてアメリカと世界に(中国にも)悪影響を
及ぼすのは避けられないと思われます。

最近のロジャーズ氏はどうも不可解なのは
日本向けの発言とアメリカ向けの発言が一致していません。
そして過去の発言と現在の発言も微妙に異なります。

よっぽど確実にしかもたくさん儲かるならべつですが、
好きでもない国に投資する気はサラサラなく、
旅行にも行きたいとはおもいません。

今は暴落後のどのアメリカ株を購入したいか
妄想の日々です。

これはあくまで小生の個人的な感情ですので、
あしからず・・・・。

(o・・o)/
2013/11/30(Sat)22:52:01 編集
アメリカ株は長期保有する価値が無い
変わり者
アメリカ株は長期保有する価値が無いと思います。

ITバブルがあった2000年から今年で13年経ってますが、S&P500はこの13年間でわずか1.2倍しか上がってません。

その間、インドネシアの株価指数は10倍まで上がりました。
2013/12/01(Sun)22:37:15 編集
まあ、妄想ですので、・・・。
picachu1234
確かにおっしゃるように
現時点でアメリカ株の購入はばかげています。
(あまりにもダウは上がりすぎてキャピタルゲインは期待できない。)
また、もし仮に暴落したとしても数年または
十数年は値上がりは期待できないでしょう。

しかしその中でほんのわずかの銘柄は
大いに期待できると、妄想しています。
本当に購入するかどうかはまだ先ですので
本当に妄想の段階です。

ドルが崩壊するとゆう小生の意見も
今の日本では狼少年の叫び声と一緒です。

ですのでヨタ話といわれても反論もできません。

では($・・)))/
2013/12/02(Mon)20:36:15 編集
米ドルのハイパーインフレ
変わり者
>ドルが崩壊するとゆう小生の意見も 今の日本では狼少年の叫び声と一緒です。

歴史上、最も財政赤字を抱えている現在のアメリカが将来的にハイパーインフレになるという見方は、現実的に直視すべきものです。

米ドルはあと2~3年は強いと思いますが、その後にハイパーインフレへ向かうでしょう。

アメリカの植民地である日本の円も同様です。
2013/12/02(Mon)22:33:04 編集
中国の植民地になったとしても・・・。
picachu1234
そうですね
アメリカが宗主国である。とゆう事実には意義はございません。
しかし、感情論ではございますが、中国様を今後の
宗主国にはしたくないですね。

チベットやウイグルのようにはなりたくないですから、
(彼らには投資の自由も言論の自由も人権もない。)
アメリカも中国も横暴だけれど、中国はご勘弁願いたいですね。

あくまで感情論ですが、・・・。
2013/12/02(Mon)23:08:37 編集
今後の方針
HG
みなさん、現在の投資の方針はどんな具合ですか? よろしければ参考にお聞かせください。

私はというと、ドル建て円売りで少しばかり稼ぎつつ、フランを観察しています。
株については、今の再上昇をみて、決済せず放置しておけばよかったなぁと思っているところです。増税は長期的な実質経済には確実に悪影響だと考えてますが、株価に対しては短期的には影響が少ないのではないかと見てます。ただチャイナショックが怖くて手を出せませんが、少しだけ買い入れておこうかなと悩み中です。
2013/12/04(Wed)14:22:59 編集
米の思う壺
HG
中国は、米国に見事にはめられているように思います。
以前に書いた(そしてネットでも良く書かれている)
尖閣に軍事行動⇒同盟国に攻撃したから債権チャラよby米
って流れです。

というのは、米政府の最近のコメントが、かなり中国に冷たくなっただけでなく、大使館やらなにやらで中国をあおっているように私には見えます。
またチャイナの製造業が形無しになれば、米国の製造業復活の一助になりましょう。

確かに中国は、相手国の主要人物に手を突っ込んで工作することに関しては天下一品ですが、中国人自体がばらばら過ぎるので、このような手もたやすいのかなと。
2013/12/04(Wed)14:35:23 編集
無題
HG
>>安山さん
政治家を市場化 って言葉でぎょっとしましたが、なるほど納得です。
ただその場合、国民が言い訳できなくなる、本当の民主主義になりますね。
逆にイギリスや昔の日本みたいな貴族院制度は反対でしょうか?
あと、安山さんのアドバイスはかなり参考にさせてもらっているので、個人ブログなどお持ちでしたら教えてもらえると幸いです。

picachu1234さん
ドル崩壊は狼少年どころか、経済に興味ある日とは結構信じているような感じがしますが・・・
どちらにせよ、カネ刷り競争という自由経済グローバル化の末路に入ってしまった以上、ドルというか主要通貨は変わらざるを得ないんだろうと思ってます。
2013/12/04(Wed)14:42:37 編集
貴族院議員
安山
貴族院議員も民主主義的選挙無しに選ばれている以上、話にならないでしょう。
まあ、中央集権国家よりましかとは思いますが。
2013/12/04(Wed)19:34:43 編集
ブログ
安山
そういえば自分のブログもありますがほとんど更新してないので、そろそろ公表できるように、もっと、更新頻度を増やそうかと、思います。
2013/12/04(Wed)19:38:14 編集
衆愚政治になる恐れ
安山
中国が民主化したとしても必ず良くなるとは限りませんよ。
衆愚政治になる恐れがあるからです。
民衆一人ひとりが人間革命して、世界中の方の幸福、平和を願い、行動に移す、ことが大切です。
2013/12/04(Wed)19:43:55 編集
このファンサイトの方々とお会いしたい
安山
できれば、このファンサイトの方々とお会いしたい、と思っております。
バチバチに議論したいですね。
2013/12/04(Wed)19:50:20 編集
無題
IWQ
中国は2015年前後にバブル崩壊しますよ。今の中国は日本でいう1980年代後半と同じです。歴史は繰り返します。日本だって1980年代は世界の覇権国になるって言われてましたけど今どうですか?失われた20年を経て経済ボロボロですよね。日本以上に官僚国家の中国が資本主義でうまくいく可能性はゼロ。結局先進国の物まねだけじゃ限界がありますよ。中国行ってきたらわかりますよ。物価に差がありすぎるのです。不動産だけが異常に高騰してるけど、ほかのものはピンキリ。物価が全く安定していません。どう見てもバブル。2,3年ももちませんよ。中国株は避けたほうが良いでしょう。
2013/12/13(Fri)21:58:52 編集
無題
BS
米国がハイパーインフレになる前に、米国はシェールガス・オイルで世界最大の資源輸出国になる可能性が高いかもです。米国がシェールガス・オイルを輸出し始めると、やばいのはロシア・中東・資源輸出に頼っている新興国のほうだったりします。戦争が勃発しやすくなりますからね。米国のシェールガス・オイル輸出しはじめるとロシアがやばくなるので北方領土問題も解決向かう可能性が高くなるかもしれません。ロシアの輸出用のガスが現在も余ってる状況ですからね。
2013/12/19(Thu)12:27:17 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ