忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 Voice (ボイス) 2009年 08月号に掲載された大野和基さん取材のジム・ロジャーズインタビュー記事が同氏のサイトに掲載されました。
 まだ見ていない方は、どうぞご覧下さい。


中国・進化する管理経済
素早い政策決定がもたらした消費ブーム


・なぜ上海総合指数は上昇しているか
・資本主義化する中国、社会主義化するアメリカ
・FRBの政策は破壊的だ
・人民元が基軸通貨になる日
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オレンジ
ジムロジャーズ氏はよく中央銀行の政策を批判しますが、私には具体的にどこが悪いのかイマイチ分かりません。

お金を刷り続けることくらいは分かりますが、他にどんな問題があるんでしょう・・・?

また、ジムロジャーズ氏はよく歴史を見ると、という言葉がありますが、具体例を示してはくれません。具体例を示してくれればもう少し調べようもあるのですが・・・
まあ、そこまで教えてくれ、とは言えませんけど・・・
2009/08/21(Fri)00:31:38 編集
無題
ニト造
・みかんさんへ
情報ありがとうございます。
勉強になります。

・オレンジさんへ
ロジャーズの米中央銀行への批判ですが、国益ではなく、力を持った特定企業郡のための代理人に化しているのが気に入らないのではないでしょうか?

自分には、このタイミングであれば、通貨の供給量を増やすこと自体がさほど間違ったことだと思えないです。
この時点で金融引き締め・緊縮財政をやったら、通貨価値は維持されるでしょうが、失業率は目もあてられない状態になりますので、働いて生活を維持している人々には、死ねと言っているのも同然に思えます。
すでに多額の金融資産を持っている人は良いのでしょうが、、、
2009/08/21(Fri)02:03:09 編集
無題
通行人
オレンジさん、中央銀行の政策に関しては、最近出版された、トーマスウッズのメルトダウン(金融溶解)を読むと解りやすいですよ。簡単に説明すると、好景気も不景気も自由市場に任せてれば、バブルも大不況もこないと。回復も早いし、行き過ぎのバブルも発生しないとか、FRBなどが、マネーサプライと金利を人為的に操作するから、バブルや大不況が起きると書いてます。駄目な時は、何もしないのが一番で、健全な企業だけが生き残り、経済は回復する。死に掛けてる高齢者に延命措置しても、回復する事はない、状況を悪化させるだけだとか。
2009/08/21(Fri)08:55:35 編集
無題
オレンジ
>>ニト造さん
なるほど、特定企業に対する支援などが問題というわけですね。

通貨供給量を増やすことはとりあえず経済の倒壊を防ぐことができる・・・ただし将来のインフレを引き起こしてしまう。

経済は厳しくしすぎても崩壊するし、優しくしすぎるとつけあがる。その塩梅が難しいですよね。

>>通行人さん
メルトダウンですか。読んでみたいと思います。
随分と変わった内容のようですね。
完全に市場に任せる、1929年以前の自由主義思想は数年おきの恐慌の発生によって否定されましたが、それとはどう違うのでしょう。
その当たりに注意して読んでみたいです。
2009/08/21(Fri)09:45:19 編集
無題
reach
はじめまして。
このブログは英語が苦手な私にとっては大変参考になります。

ところで、コモディティへの長期投資には何が最適なのでしょうか? 投資信託やETFは個別銘柄へ投資できないし、先物取引は売買手数料がかさみそうだし、CFDはオーバーナイト金利がかさみそうだし…
2009/08/23(Sun)11:24:17 編集
コモディティ投資に最適な投資商品は?
reachさん

 はじめまして、reachさん

 コモディティ投資に最適な投資商品は、時々コメント欄で話にのぼるのですが、reachさんの言うとおり一長一短あり、これが一番良いというものは出ないのが現状です。

 個人的には、原油ETFに続き貴金属ETF(金・銀・プラチナ・パラジウム)も上場する日本市場のコモディティETFに注目しています。
 


 このサイトで「商品(コモディティ)投資に最適だと思う金融商品はなんですか?」というアンケートを作ってみたので読んでいただいている方ご協力お願いします。
←ブログ左側バーにアンケートフォームあります。
2009/08/23(Sun)18:19:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ