忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





US Faces Retro 70s Inflation: Jim Rogers

10月1日(CNBC):
米国は70年代のインフレに直面しています。



The US faces high inflation because of the weak dollar and the Federal Reserve's policy of printing money to counter the effects of the crisis, legendary investor Jim Rogers told CNBC Thursday.

 米国は高いインフレに直面しています。なぜなら、ドルの価値が下がりFRBは危機の影響に対処するためにドルを印刷する政策だからです。とジム・ロジャーズ氏は木曜日にCNBCで話ました。


Price rises in the US are already steeper than the inflation rate reported by the government, Rogers added.

 米国の物価上昇率は、すでに政府公表のインフレ率より急です。


"There's no question the US is vulnerable to hyperinflation down the road or certainly the inflation we saw in the 1970s, I would expect that to come back in the foreseeable future, certainly in the next few years," he said.

「米国がこれから直面するハイパーインフレや1970年代に起きたインフレで傷つくということには疑問の余地はありません。私は、予測できるここ数年の間にそれが来ると思っています。」


"The true inflation rate in America? It's certainly at least 6 or 7 percent, the US government lies about it, as you know, everybody who shops knows that prices are up, everybody except the US government, and I wish we knew where they shopped so we can shop there too and get good prices."

本当の米国のインフレ率?それは少なくとも6または7パーセントはあります。米国政府は嘘をついています。買い物をする人なら誰でも物価が上がっていることは知っています。米国政府以外の皆さんや私が低価格でそこで買い物できるよう、彼らは一体どこで買い物をしているのかを公表して欲しいです。」


Rogers repeated his view that the Fed's quantitative easing program is "debasing the currency" and said he was "extremely worried" about the fate of the dollar over the long term.

ロジャーズ氏は、「FRBの量的緩和プログラムはが通貨の質を下げている」という見方を繰り返し、長期的なドルの運命についてとても心配していると言いました。


Asia is the region where investors should go, as countries in that region have strong reserves while once-strong economies such as the US and the UK are now in debt, he said. But investors should do their homework.

 アジアが投資家が目を向けるべき地域です。なぜなら、その地域の国々は、米国や英国などのかつて強い経済力を誇っていた国々が借金をしている間に、力強く蓄えてきたからです。


"If you don't know where China is on the map you shouldn't invest any in Asia… but if you know a lot about Asia and know what you're doing, you should probably have a lot in Asia," he said, adding that stock markets aren't attractive now.

「中国が地図上のどこにあるかわからないならば、あなたはアジアに投資すべきではありません。しかし、もしあなたがアジアについて多く知っており、あなたが何をしているか理解しているならば、あなたはおそらくアジアに多く投資すべきです。ただし、今現在その株式市場は魅力的ではありません。」


"I'm not buying shares in any country right now, most stock markets around the world are up through the roof, especially in Asia," Rogers said.

「私は現在どこの国の株も買っていません(※)。世界中の殆どの株式市場、特にアジアは急上昇しています。」


※あくまで“現在進行形で買ってはいません”という話で、“持っていません”ではないです。


引用元記事

関連記事
米国や世界の政府が大量にお金を刷りまくっていることがわかる資料
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オレンジ
インフレ率が6、7%とは凄いですね。
つまりは金の現物を持っていれば実質年6%~7%のリターンを挙げられるということでしょうか。
債券と違い、金には額面というものが存在しないので正確な利回りなど分かりませんが・・・
2009/10/04(Sun)04:11:37 編集
無題
二ト造
こんばんわ。

知識は正確ではないですが、インフレ率はCPIに基づいているのではないでしょうか?

CPIは政府が発表するようですので、インフレ率をごまかすため、値の操作が可能なようですね。商品の時代か何かで、ロジャーズも指摘してたように思います。

米国ですと、例えばインフレ対策としては、インフレ連動債TIPSがあるらしいですが、債権関係者に言わせると、米国政府発表のCPIが本当だとすることが大前提だ、と述べていた記憶があります。

あくまで王者は現物、ということでしょうか。
2009/10/04(Sun)19:10:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ