忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 日経ヴェリタス 2009年11月29日号のジム・ロジャーズ記事で、ジム・ロジャーズが投資に役立つ書籍として取り上げている書籍です。
 かなり昔の本です。わたしはいずれも未読なので、もし読んだことある方がいたら感想教えて頂けるとうれしいです。


1.
「証券分析」(ベンジャミン・グレアム著)
「賢明なる投資家」(ベンジャミン・グレアム著)



 ベンジャミン・グレアム(1894年5月8日 - 1976年9月21日)は、アメリカ合衆国の経済学者で、「バリュー投資の父」「ウォール・ストリートの最長老」と呼ばれるプロの投資家でもある。ウォーレン・バフェットの育ての親として最もよく知られている。
 グレアムは、株主は株式を『ビジネスを受領できる所有権』として考えるべきであり、心にそのような見方を持って、株主は気まぐれな株価の変動にあまり気を煩わすべきではないと薦めた。(Wikipediaより)
ベンジャミン・グレアム著書をAmazonで見る


2.
「金融イソップ物語」(ジョン・トレイン著)


欲張り過ぎて全てを失った男。あと一歩で巨利を逸した男。過去の栄光に溺れた者…。反面教師20例に学ぶ成功の秘訣。

商品相場の極意―コンチ社墓穴を掘る;
チューリップ投機熱;
プルーイット・アイゴー団地の顛末;
クウェート株式市場の大暴落;
ゼロックス社のSDS社買収;
神業師、ジョン・ローのスキャンダル;
国際投信IOS;
イバール・クルーゲル―燃え尽きたスウェーデンのマッチ王;
フェルディナン・ド・レセップスの夢;
マリのウィスキー―高関税率は税収を増やすか;
リチャード・ホイットニー;
南海泡沫会社―“民活”は国境を越えて;
ホアン・マルクの企み―1ドルにつき1セントで会社を盗んだ男
「金融イソップ物語」をAmazonで見る


3.
「マネー・ゲーム」(アダム・スミス著)


 1960年代後半に米国でベストセラーになった投資書籍。
 著者のアダム・スミスとは、米経済評論家ジョージ・グットマンのペンネーム。国富論のアダム・スミスとは別人です。
「マネー・ゲーム」をAmazonで見る
(※翻訳本と思われる本が2冊あるが、真偽含めて詳細不明です。)


4.
自分の関心のある分野に関する本


 何でもいいので、自分の関心のある分野に関する本を、できるだけ多く読むことをお勧めします。ファッションに興味を持っているなら、ファッションに関する本をたくさん読んでください。 
 (中略)
 ファッションに興味を持っている子供に、銅について学ばせてもいいことはないでしょう。

 個人的には、「金融イソップ物語」が面白そうな気がします。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Ito
『証券分析』と『賢明なる投資家』は読みました。
どちらも古い本ですが読み応えはあります。
ご参考まで。
http://quai62.blog15.fc2.com/blog-category-15.html
2009/11/30(Mon)19:26:40 編集
無題
mittya
みかんさん。いつも貴重な情報ありがとうございます。
『賢明なる投資家』は読みましたよ。
読んだきっかけは『バフェットの法則』で、バフェットが「まずグレアムの賢明なる投資家を読みなさい」という発言をされていたからです。
玄人の専門書というよりも初心者に対する長期的なバリュー投資フレームワークの提案です。
過去の事例を引用しながらNGな投資を説明してくれているので、わかりやすいです。
5年、10年、はたまた50年で話を展開するので長期投資家向けかと思います。
2009/11/30(Mon)21:59:20 編集
ベンジャミン・グレアム著書
Itoさん

Itoさん、お世話になっています。
(相互リンクしてい頂いているブログ主さんです。)

「証券分析」に関する詳細ブログ記事ありがとうございます。
ブログ記事一通り読ませて頂きました。
ちょっと財務諸表の読み方が気になっていたので4・5が特に気になりました。
難解そうな本ではありますが、具体的な分析方法・数値が出ているので実践的な内容で読んでみたいと思いました。

「証券分析」に関する要約ブログ記事
http://quai62.blog15.fc2.com/blog-category-15.html
(右上のURLをクリック)


mittyaさん

mittyaさん、「賢明なる投資家」に関するコメントありがとうございます。
バフェットがまず読めと推奨する本とは、また期待できそうな本ですね。
こちらも読んでみたいです。

それにしても、50年で話を展開するとはまた凄そうな本ですね。
2009/12/01(Tue)00:12:03 編集
無題
二ト造
金融イソップ物語は、中古本が高くてとても手が出ないですね(^^;;
参考価格が1200円程度になっていますので、1万はプレミアもの、、、ということでバイブルの類なんでしょうか。

ロジャーズが今回、紹介したことで、需要が高まり、供給が絞られ、こうなったのかもしれませんね。
もしそうであれば、何事も、ミクロ経済学の需要と供給、、、という良い教訓ですね。
2009/12/06(Sun)22:22:42 編集
金融イソップ物語
 このブログ記事を書く前は、Amazon で2800円から中古もあり、ヤフオクにも出品がありました。2,800円でもつらいなと思っていたら、安いほうから売れてゆき、現在は高い出品しか残っていない状況です。
 こんなことになるなら先に安い出品買い押えて、高く転売すればよかったです。(オイ)

 冗談はさておき、復刊ドットコムという廃刊本の復刊希望リクエストが多ければ、出版社に復刊交渉をしてくれるというサイトに金融イソップ物語のリクエストものぼっています。
 興味がある方は、会員登録などで若干面倒ですがリクエスト登録してもいいと思います。リクエスト登録のお願いをサイトでしてみるのも面白いと考えたのですがどうなんですかね?

金融イソップ物語(復刊ドットコム)
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=46222
(右上のURLをクリック)
2009/12/08(Tue)06:57:27 編集
教えてください
ニート工具
ドバイが第二のリーマンショックになりそうです。もし成ったときはキンはさげるのでしょうか?豪ドル/米ドルに相関していると聞きます。当然ドル高、円高になると思います。やはりキンは値を下げるのでしょうか?
2009/12/10(Thu)21:11:59 編集
無題
おにぎり
こんにちは。
書籍とは関係有りませんが
豊島逸夫さんがジムロジャースのFX戦略と題して書いていますよぉ。
お知らせまで
ttp//blog.nikkeibp.co.jp/money/gold/toshima/
2009/12/11(Fri)11:48:56 編集
無題
ニート工具さん

ドバイ・ショックは、日本企業の貸付けが回収できるのかも懸念されていてちょっと怖い状況ですね

金に関してですが、個人的にはさらに下げる可能性は結構高いと思います。
以前は経済危機の時に、資産保全で金にお金が流れることが多かったようですが、先の金融不安ではそれまで金に流れていた投機資金の回収がおこって逆に下がりました。今回もそれと同じことが起きる可能性はあると思います。


おにぎりさん

情報ありがとうございます。
記事で紹介させて頂きました。
2009/12/14(Mon)07:30:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ