忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)にジム・ロジャーズインタビュー記事が長文で掲載されています。
 特別目新しい情報はないように思います。

ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
伝説の投資家ジム・ロジャーズが語る!
「世界的な通貨危機不安が募る今、 次の本命はコモディティ市場だ」



11月12日(ダイヤモンド・オンライン):
伝説の投資家ジム・ロジャーズが語る! 「世界的な通貨危機不安が募る今、 次の本命はコモディティ市場だ



――基軸通貨であるドルの信頼が揺らぐなか、成長著しい中国の人民元が、「ドルの立場を脅かす存在になるのでは」と見る向きも多い。ロジャーズ氏自身も、以前から人民元の将来性を指摘してきた。

 確かに、基軸通貨としてのドルの信用は揺らいでいる。しかしだからと言って、人民元がすぐにドルの立場を脅かす存在になるとは考えにくい。ましてや、将来ドルに代わって基軸通貨になることなど、少なくとも現時点では想像できない。


 人民元は、先進国通貨のように自由に交換できないし、今後世界に開かれたとしても、限定された範囲に留まる可能性が高いからだ。人民元の将来性を語るには、20~30年先を読む必要がある。

 もし現段階で、「ドルに代わって基軸通貨になり得るものは」と聞かれれば、言うまでもなくユーロだろう。


引用元記事

 このコメントを読む限りでは、以前より人民元に対する評価が落ちたいようにみえます。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オレンジ
以前ユーロには否定的な見方をしていた気がしますが、見方を変えたのでしょうか・・・
2009/11/12(Thu)11:23:57 編集
ユーロ
今も、長期的にはユーロに否定的だと思います。
11月6日のウェルス・マネジメント・フォーラムでも、「20年後にユーロが存在するかどうかは定かではないし、懐疑的だ」と言っていましたから
それでも、直近で今お金を置く場所としては、米ドルやポンドよりましだとしています。

以前の見解では、いま基軸通貨が変わるとしたらユーロ、数十年後に基軸通貨を演じられるのは人民元という評価だったと思うのですが、上記の発言では数十年後もわからないという評価になっているのが気になりました。
2009/11/12(Thu)15:13:54 編集
基軸通貨
オレンジ
ユーロも、きちんと経済の相互補助のシステムを完成させれば、きっと十分基軸通貨になりえるんでしょうね・・・

人民元は、まず変動相場制に移行しないと基軸通貨としてのスタート地点にも立てないですけど、それを政府がきちんとできるんですかね・・・
変動相場制になれば人民元が上昇して輸出競争力が下がる、輸出が減る、雇用が減る、政党への批判、という流れができることを恐れているのではないかと・・・
ジムロジャーズは経済政策などの点でも政府の実力を認めているようですけど、雇用を守るために、赤字垂れ流しの国営企業に金を注ぎ続けているとも聞きます。

中国が本当の意味で覇権国家になるにはまだ課題は山積みですね。
2009/11/12(Thu)21:29:50 編集
シンガポールに住んでいるのは
東京スポーツ
中国政府・中国人を信用してないんでしょうね。 ホントのところは。
2009/11/15(Sun)15:39:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ