忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





Goldman Could Trigger Market Correction: Jim Rogers

4月17日(CNBC):
ゴールドマンが市場調整のきっかけとなるかもしれません



Some expert investors have described the market's reaction to the SEC's accusations against Goldman Sachs as a 'storm in a teacup.' They believe the fallout would be short-lived, and eventually present buying opportunities.

 機関投資家の何人かは、SEC(米証券取引委員会)のゴールドマン・サックスに対する訴追は、ただの空騒ぎに過ぎないと評しています。彼らは、下落は短期で終わり、ゆくゆくは投資機会が訪れると思っています。


However, billionaire investor Jim Rogers, Chairman of Rogers Holdings, feels slightly differently.
"Markets are overdue for a correction," Rogers told CNBC in a telephone interview Saturday. "Any market that goes up this much, this fast, this steadily without correction - it's not normal. When that sort of things happens, the market could be setting itself up for a 15 - 20% correction."

 しかし、ジム・ロジャーズ氏の考えは少々違います。
「市場は、調整を必要としています。どんなマーケットでも、こんなに大きく早く、調整もなしに絶えず上昇するのは、普通でありません。この種のことが起こるときは、市場が15%~20%の調整の準備に入っている可能性があります。」と、ロジャーズ氏は、土曜日にCNBCの電話インタビューで話しました。


Thoughts of more high profile lawsuits on Wall Street and a pending market correction may send some into a panic, but Rogers said it is important to stay calm.

 ウォールストリートの訴訟がより注目を集め、市場で調整が起こると考えられ、パニックを引き起こすかもしれません。しかし、ロジャーズ氏は、冷静でいることが大切だと言いました。


"What I am doing is watching. If this is going to be the beginning of a correction. we will know how the markets does next week, by Thursday, I suspect. It's not time to sell in any significant way."

「私が今していることは見ることです。もし、これが調整の始まりとなるなら、私たちは来週中、木曜日までにマーケットによって知ることができると私はにらんでいます。重要なことは、今はまだ売る時ではないということです。」


Rogers also said investors should start thinking about adding shorts to their portfolio, and suggested shorting indexes. Select bank stocks are also in his sights - the legendary investor is waiting for the right time to build short positions in them.

 ロジャーズ氏は、投資家はポートフォリオにショートポジョンを加えることを考え始めなければならないとも言いました。そしてインデックスをショートすることを提案しました。銀行株を選ぶことも彼は認めています。ロジャーズ氏は、それらのショートポジションを組む最適な時を待っています。 
 

If the SEC's crusade against fraud on Wall Street gathers pace, Rogers said, one should watch out for opportunities to buy into the yellow metal. "Go back to 2008, you have AIG go broke, Lehman go broke. There was a gigantic forced liquidation in commodities - not because of fundamentals, but because people were forced to sell... it would be an opportunity."

 もしSECのウォール街の詐欺への撲滅活動が増えるようなら、金を買う時機に気をつけるべきです。
「2008年を思い出してください。AIGが破綻しました。リーマンが破綻しました。ファンダメンタルズが原因ではない、巨大なコモディティの強制換金売りがありました。しかし、人々が換金売りをしたら、それは金を買うチャンスとなるでしょう。」



引用元記事(一部抜粋)


【参考】NYダウチャート(3年)

 2009年3月9日6547.05ドル(終値)を底値に上昇し、2010年4月現在は11000ドル台になっているので、1年1ヶ月で約1.7倍の上昇をしていることになります。

 ニュースによると、他の金融機関もゴールドマン・サックスと同じような取引をしているとして調査をしているらしいです。(参考)
 ジム・ロジャーズの発言もいつになく具体的ですし、もしかしたらまた凄いことになるのかもしれません。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
売る時ではない?
青田刈り
確かにかなり具体的に語っていますよね。
「売る時ではない」というのはロングポジションを清算するべきはない、という意味かショートポジションを取るべきではない、と言う意味かどちらでしょうかね?また「何を」売るべきではないのか、どなたかお分かりになりますか?教えていただきたくお願い致します。
2010/04/19(Mon)19:52:13 編集
Re:売る時ではない?
青田狩りさん


>また「何を」売るべきではないのか

 話の流れから、またCNBCというの米国ニュースでの発言ということから直接的な話の対象は「米国株全般」だと思います。
 ただ「米国株」が大きく下落すれば、日本株を含む他国の株式にも大きく影響を及ぼす可能性が大です。実際本日、日本株も幅広く売られています。
 また本文の最後でジム・ロジャーズが言っている通り、換金売りによるコモディティの下落も起こるかもしれません。


>「売る時ではない」というのはロングポジションを清算するべきはない、という意味かショートポジションを取るべきではない、と言う意味かどちらでしょうかね?

 これは単純に文章の意味を考えれば両方の意味になると思います。
 ただジム・ロジャーズはそもそも米国株にネガティブ(※)なので、どちらかというと、いつショートポジションを組むべきかという話だと思います。
 今回の事件をきっかけとして、米国株の上昇トレンドがついに反転するかもしれない。ただ他の投資家の言うとおり、今回の事件がたいしたことなく終わり引き続き米国株の上昇トレンドが続く可能性もあるのでもう少し様子を見たほうが無難でしょうということだと思います。


※いますぐ米国株は下がるという意味ではなく、いつ下落・暴落してもおかしくないという意味でネガティブです
( http://blog.jimrogers-fun.com/Entry/290/ )


 以上、私の憶測も入っていますが参考になれば幸いです。
 個人的には含み益がある持ち株(日本株)を、念のため利益確定して売っておこうか悩み中です。
2010/04/19(Mon)21:12:26 編集
無題
ニト造
青田刈りさんへ

小生は、両方の意味と考えてよいと思います。
もしいままでに買った銘柄が、よく吟味されたものなら尚更です。

昨年の2009年3月時点で相場が急上昇したとき、バフェット、ソロス、ロジャーズ、マーク・ファーバーといった伝説の投資家らは、過熱気味と考えていたようで、数か月以内の調整を予測してしたようです。
その結果は、現在まで調整局面を迎えていません。

いつが市場の調整で、いつが反転かなどは、誰にも正しく予測はできないのですから、良い株を適正価格で買ったならば、調整で売るのではなく、むしろ買い増すチャンスと見たほうがよいのでは、というのが若造の意見です。

ナマイキ言ってすいません。
2010/04/19(Mon)21:26:54 編集
無題
青田刈り
調整なのか、いつもジムロジャーズが言っている通貨危機なのか?前回のリーマンショックが小春日和に見える程の暴落を予想していますので、そうなれば既に「調整」を超えています。
今回指摘しているのは調整ではなく超暴落ではないのかと危惧するのですが、本日の株式相場等を見ているとそんな事はなさそうな気がしないでもないですね。
2010/04/20(Tue)20:32:33 編集
無題
ニト造
青田刈りさんへ

どこまでの暴落になるかはわかりませんが、ロジャーズの表現は「対策の選択肢が限られる」ことを、恐怖として示しているのではないでしょうか。
リーマンショックのときには、ケインズ政策による、国債発行による財政出動という手段がとれました。
次のショックの際には、日・米・英を中心に、国債消化に懸念が示され、大規模な財政出動が難しくなるかもしれない、ということではないでしょうか。

この場合、何が起きるのかは私にもわかりません、、、。


~~~~~~~~~~~~~~~
別件の補足ですいませんが、小生の先日記載させていただいたコメントは、
「プロでないこともあり(失礼)、あまりショートポジションを取ることはないだろう」という前提で、記載させていただいております。
ロジャーズはショートポジションをよく取るようですが、、、。大衆投資家である自分には、怖くて(理論的に損失は無限大なので)ショートポジションは取れないです。

注)↓このコメントの補足です。
==================
いつが市場の調整で、いつが反転かなどは、誰にも正しく予測はできないのですから、良い株を適正価格で買ったならば、調整で売るのではなく、むしろ買い増すチャンスと見たほうがよいのでは、というのが若造の意見です。
2010/04/20(Tue)22:28:21 編集
Correction=調整?
英語辞書でCorrectionを引くと、
【訂正すること、修正、校正、添削】となっており、投資関係のニュースでよく使われている【調整】という言葉
がCorrectionの翻訳として適切かと思い利用させて頂きました。

ただ本文で具体的に15%~20%という結構な数値が使われていることや
私も本文の文脈から暴落のイメージを持つことから
一時的な小下落というイメージの【調整】という言葉が
翻訳文として適切だったのか若干不安になってきました。

他にもっと適切な日本語訳ありましたらアドバイスお願いします。


青田刈りさん ニト造さん 

上記のとおりなので頼りなくて申し訳ないのですが
【調整】という言葉にあまり流されずに投資判断など
して頂ければと思います。


青田刈りさん

今私がこれ書いている時点でNY市場開いており現時点では本日もダウが上昇しており
私も正直大丈夫そうというのが個人的な気持ちです。
ただサブプライムローンの時も
最初はテレビとかで大丈夫大丈夫って言ってた気するので若干気がかりです。
2010/04/21(Wed)01:27:18 編集
無題
ニト造
みかんさん

補足ありがとうございます。
他のサイトなどでの日本語ニュースを見ますと、今回のロジャーズの発言を「調整」としていました。
15-20%という数値から考えても、適訳だと思います。
2010/04/21(Wed)20:18:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ