忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





3月19日(ブルームバーグ):
ジム・ロジャーズ氏:
「とてもひどい」ポンドを回避-財政赤字で



著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、英国の財政赤字を理由に、ポンド資産を回避していると語った。

 同氏は19日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「ポンドをめぐる状況は超長期にわたり、とてもひどい」とし、「よほど割安にならない限りはポンドを買い戻すことは想像もできない」と述べた。
 67歳のロジャーズ氏は、「私が生きている間にポンドを保有するかどうかは疑わしい」と述べた。


 ロジャーズ氏はまた、ギリシャを救済するべきではないとの考えをあらためて示し、ギリシャを破たんさせれば投資家はユーロが「ハードカレンシー(強い通貨)」だと結論付け、ユーロ相場は「天井を抜けて上昇する」だろうと予想した。

 同氏はギリシャ救済について、「他人の金で長い間ぜいたくをしてきた人々をなぜ助けなければならないのか」と述べた。ユーロについては、市場全体が「巨額の売り持ち」になっていることを理由に買ったと述べた。ギリシャは向こう2カ月で200億ユーロ規模の国債償還を迎える。ロジャーズ氏は、「恐らく彼らはこの危機を乗り切るだろう。そうすればユーロの見通しはしばらくの間、改善するだろう」と付け加えた。


引用元記事(一部抜粋)
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
青田刈り
よくわからないのが、ギリシャの危機乗り越えは国債償還でしょうが、それをEU国内で回すのではユーロとしての根本的解決とはなっていないと思いますが、それでもジムとしては解決と考えユーロ上昇と結び付けているのでしょうか?
2010/03/21(Sun)10:43:24 編集
無題
ニト造
青田刈りさん(バブル?)

EU内でギリシャの負債をカバーするのであれば、青田刈りさんの言う通り上昇要因にならないでしょう。
ロジャーズが言っているのは、ドイツなどがギリシャ国債への出資や救済を拒否し、デフォルトさせる、ということです。

EU圏内にいるギリシャには、紙幣増刷能力も通貨切り下げ能力もありませんから、国債償還の費用を新たな国債で賄う必要がありますが、EUが救済を拒否すれば、貸してくれる人はほとんどいないでしょうから、デフォルト、、、つまり財政破綻になります。

それでもユーロの解決にはなりませんが、悪材料は一時的になくなりますから、売り持ちが解消され、買い戻し主導の上昇がある、と言いたいのだと思います。
2010/03/21(Sun)23:32:24 編集
無題
青田刈り
ニト造様

いつも丁寧に解答していただきありがとうございます。
私も文章をよく読まず、早とちりでした。しかし、ドイツなどEU主要国がギリシャをデフォルトさせると見込んでのユーロ買いであれば、それはそれで結構ギャンブルだなと思ってしまいます。

ちなみに私はバブル期の人間ではありません。たぶんニト造さんとあまり変わらないのではないかと思います。
一緒に勉強していけたらと思っていますので宜しくお願いいたします。
2010/03/22(Mon)20:38:50 編集
無題
ちふ
初めまして。

>>ユーロについては、市場全体が「巨額の売り持ち」になっていることを理由に買ったと述べた。

とあるので、単純に需給面を見て買ったのでは? 救済如何に関わらず、アク抜けで買い戻しが入ることはよくあることです。

ちなみに、私個人の考えですが、200億ユーロという数字は、ユーロ全体からすればそれほど大きな数字ではないでしょう。
ただ、今回の問題に対する対応が、今後の同様の問題が発生した時の指針になる可能性が高い、ということで注目に値するのではなないかな、と。
2010/03/22(Mon)23:32:34 編集
無題
ニト造
ちわさん、青田刈りさん

私が相当早とちりだったようですね。

以下のようにあるので、デフォルトは関係ないですね。EUかIMFに救済される、ということなのでしょうね。

たぶん、救済後に相当厳しい財政緊縮を強いられるので、ギリシャ経済は立て直しに苦労するでしょうが、通貨価値は維持されるのでしょう。

ギリシャ内で失業率が急上昇し、、、、
人ごとではないので、これ以上は考えたくないですね。

>ギリシャは向こう2カ月で200億ユ>ーロ規模の国債償還を迎える。ロジ>ャーズ氏は、「恐らく彼らはこの危>機を乗り切るだろう。そうすればユ>ーロの見通しはしばらくの間、改善>するだろう」と付け加えた。
2010/03/22(Mon)23:53:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ