忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.163(2010年03月15日発行)」に掲載されたジム・ロジャーズインタビュー記事がWebにも掲載されています。
 下記は一部引用なので全文は、AsiaX本サイトでご覧下さい。

3月15日(AsiaX Biz):
地球市民ジム・ロジャーズ氏が語る経済と投資、冒険旅行、そして子育て論



3月15日(AsiaX Biz):
地球市民ジム・ロジャーズ氏が語る経済と投資、冒険旅行、そして子育て論



【投資】
 今後のロジャーズ氏の投資戦略はやはり中国に向けたものが多くなる。中国には主に長期的な投資をしており、それは2人の子供たちに残したいものでもあるそうだ。
 また、少しだが日本にも投資しているという。
 今後成長が見込まれるのはベトナム、トルコなど。また、もっと先を予測するならミャンマーや北朝鮮も成長株だという。
 常に時代の先を読み、他人より早く行動を起こしたことが投資の成功に繋がった
、とするロジャーズ氏は世界各国の動向についても明確に語った。

【教育】
 シンガポールの現地の学校は知識の詰め込みに偏重しているという批判もある。なぜ現地校を選んだのか、また、シンガポールの教育についてどのように思っているのか尋ねたところ、「学校は知識(Knowledge)と事象(Facts)を学ぶところ。現地校はハードだと言われるが、一生懸命努力することはいいこと。困難な状況が子供には必要だと思う。」周囲の人々に「子供は甘やかさない」と言っているそうだが、しっかりとした教育理念を持っているゆえだろう。
 「好奇心を養う、とか考える習慣を身につける、というのは学校だけでは難しい。親が補う必要もある。幸い私は今、子供たちと過ごす時間がたくさんある。学校にも毎日のように行ってるよ。そのうち、娘からうっとうしい父親だと思われるかもしれないね」と笑うロジャーズ氏は、すっかり父親の顔になっていた。


引用元記事(一部抜粋)

 成長が見込める国として、「ベトナム」「トルコ」「ミャンマー」「北朝鮮」を挙げていますが、ジム・ロジャーズは中国以外の新興国の株は持っていない・売り払ったと発言しているため、現時点ではこれらの国々の株への投資は行っていないと思われます。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オレンジ
北朝鮮は・・・理解できません・・・
2010/03/25(Thu)20:34:32 編集
無題
ニト造
なんちゃって投資家のニト造です。

今後の話として、、、可能性を語っただけではないでしょうか。
北朝鮮だけでなく、ミャンマーだって、軍事政権下で経済も開放されているわけではないようです(中国の経済圏になりつつあるようですが)。
ただ、今後も中国の本格的な経済発展が続けば、労働集約型産業のカンボジアやベトナムへの移行も同時に続きますが、更なる移行先を考えると、人件費が十分に安価で、長年の貧しさの下で耐えてきて、中国の影響下にある(おまけに輸送距離が近い)ミャンマーや北朝鮮が有望なのでは、、、というくらいなのではないかな、と思います。

ちなみに、スリランカ(これも中国経済の影響を大きく受けている)は一時は有望視されていましたが、TheEconomistを読む限りでは、その後は内政の混乱が続いていますね。

いずれにせよ、マクロ経済の基本である、経済を理解し、資本や技術の導入に前向きで、徴税や治安に対して強制力を伴った、強く賢明な政府が必要になりますが、、、。北朝鮮やミャンマーはまだ、この段階にないと思います。

若造の減らず口ですいません。
2010/03/25(Thu)22:53:57 編集
無題
オレンジ
>>ニト造さん

なるほど・・・いや、う~ん・・・北朝鮮に対してはあまり良い印象がないので・・・

北朝鮮はミサイルをぶっ放したり核施設作ったりとなんだか世界との協調を拒むことばかりしていますから、そんな国は経済的に良くても投資するのは賢明ではないと思います。

国を選択するならば、地理、政治、法律、宗教、言語、人口などを見る必要があると思います。特に政治は人間に例えるなら、人間の意志そのものにあたると思います。
他の要素は人間で例えるなら身体的特徴のようなもので、意志さえあればどうにか解決できるような問題です。
ただ本人にその気がなければどうにもならないように、政治が馬鹿げているならどんな好条件でも意味はないように思います。
その政治が無茶をやっている国はどうなんでしょう・・・というのが私の勝手な意見です。

実際ジムさんの考えはニト造さんの仰る通りなのでしょうが、心情的に何だか釈然としません。

北朝鮮を挙げるならもっと他にあるのでは、という気がします。
いや、無いのかもしれませんが。
2010/03/25(Thu)23:55:55 編集
北朝鮮
オレンジさん


 ジム・ロジャーズは、過去にこのように言っています。


-------------------------------------------------------

 北朝鮮やキューバなど、資本主義はよくないといっている国に行って生活すれば、いまのシステムのほうがいいことがわかるでしようね。

2007年 大野和基氏ジム・ロジャーズインタビューより
( http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/jimrogers.html )

-------------------------------------------------------


 以上の発言のように、倫理的な面を別にしても、ジム・ロジャーズは今の北朝鮮の政治・経済体制が良いとは考えていません。
 ジム・ロジャーズは、閉鎖的・規制の多い国を投資先として好まないので、現状の北朝鮮の政治体制に投資することはないと思われます。
 もしジム・ロジャーズが北朝鮮に投資するとしたら、現政権が倒れるなど、北朝鮮に大きな変化があった時だと思われます。
 現に、ジム・ロジャーズはこのようにも過去に語っています。


-------------------------------------------------------

Q:
中国以外で投資をしたい国

A:
ブラジル、台湾など
もし株式市場があれば北朝鮮。韓国と統一するのではないか
自然資源が豊富にあるところがいいだろう

2008年9月27日 イニシア・スター証券主催ジム・ロジャーズセミナーより
( http://blog.jimrogers-fun.com/Entry/145/ )

-------------------------------------------------------

 北朝鮮に政治的な大きな変化があれば、地理的に中国などの経済成長国の恩恵を預かれるのと、北朝鮮にはレアメタルなどの資源が多く眠っていると言われているのでそれを活かせるということだと思います。
2010/03/26(Fri)02:34:46 編集
無題
オレンジ
>>みかんさん
なるほど。韓国との統一ですか・・・
韓国自体が随分北朝鮮を嫌っているようですから合併がなるかどうか微妙ですが、たしかに韓国と合併すれば、未来は明るいかもしれませんね。

一日も早く現政権が倒れることを祈ります。
2010/03/26(Fri)10:16:30 編集
無題
ニト造
TV見てたら、韓国と北朝鮮の地図は、朝鮮半島が統一されているらしいです。つまり、お互いを同じ国と考えていて、違いは、韓国版では首都がソウル、北朝鮮版ではピョンヤン。
国境線はひかれてないそうで、もともと別の民族・国という意識は薄いようですね。

統一の期待、というのはこういうところにも見られるのでしょうね。
2010/03/28(Sun)04:09:21 編集
無題
オレンジ
>>ニト造さん
え!?そうなんですか!?
北朝鮮は韓国に対してミサイルを発射しようとした事で随分韓国から批難を受けていたように見えたので、てっきり仲が悪いのだと思っていました。
2010/03/28(Sun)16:13:02 編集
無題
ニト造
自分も地図見て、びっくりしたんですが、かつての東西ドイツみたいなものですから、軍事境界線がなくなったら、ベルリンの壁がなくなったときに西と東の人たちが抱き合ったようなことが起きるかもしれませんね。

ちなみに韓国の男性で、北朝鮮の女性と結婚したいと思っている人はかなり多いそうで、彼らのなかでは同じ民族という意識が強いのではないでしょうか。

憎しみは、金正日とか独裁の体制に向けられている、、、のかな?

2010/03/29(Mon)23:23:36 編集
無題
CI-T
>>ニト造さん

韓国では元々女性が男性を支える、言葉悪く言うと男尊女卑みたいな習慣があったらしいんですか(儒教の影響??)、経済発展やIMFの介入などによるアメリカ化などに伴い女性が強くなり、更に男女比で女性が少なくなっていることでも女性優位の方向に舵を切っています。
女性が希少で立場が強くなるので当然ながら男性を選べる側になり、男性に対し高いもの(見た目、地位・お金など)を要求するので、下位や一部の一般の男子が女性に恵まれなくなります。

そういう背景があって、でも急にそんなに価値観も変えられず(特に男性)、結婚できるなら、どうせなら同族の方が…という志向が入り込み、北朝鮮の女性と結婚したいという男性が多いのだと思います。
ちなみに北朝鮮でなくても結構カンボジアとかベトナムの東南アジアに嫁探しに行ってるみたいですね(そのせいでこの前国際結婚が規制されたところもあり)。。
そういえば日本でも田舎のオヤジが中国人女性と結婚するというのがありました。。

長々とすいません。以上が推測です。
2010/03/29(Mon)23:54:00 編集
無題
NONAME
>>CI-Tさん
なるほど~

そういえばジムロジャーズも自著で韓国に対して同じ指摘をしていましたね。
その時はピルを生産する倒産した企業の株を買ったと語っていましたが、儲かったのですかね??
2010/03/30(Tue)20:57:40 編集
無題
オレンジ
↑すみませんオレンジです
2010/03/30(Tue)20:58:45 編集
無題
CI-T
>>オレンジさん

そういえばピルの会社どうなったんでしょうね?具体的な銘柄がわかれば調べられるんですが。。
でもあの著書の時間軸で言うともう10年以上経過、さすがに売り払ってる気がしますが(笑)
2010/04/05(Mon)22:50:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ