忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





Jim Rogers Loves China

12月14日(TheStreet):
ジム・ロジャーズ氏は中国が好きです。



What kind of growth do you see in China?

Q;
中国の成長をどのように見ていますか?


I have no idea. I know that it's booming. I know that every time I go to China, and I've being going to China for 26 years -- the first time I went it was 1984 -- and I assure you China is growing very rapidly and doing a lot of things right. Whether it's 8% or 12%,

ジム・ロジャーズ氏:
 私には全くわかりません。
 ただ私は中国が急成長していることは知っています。私は中国に行くと、いつも中国の急成長を認識します。私は26年の間中国に行きました。私が初めて中国に行ったのは1984年でした。発表される数字が8%か12%かに関係なく、中国が現在とても早く大きく成長していることは保証します。

 
I mean you look at the Indians. Who can believe the Indian [growth] number; certainly not me.
I've been going to India for many years too and I know they're not growing as fast as China but they claim to be. The Indians wait for the Chinese to announce their growth numbers and then they announce theirs. They want to make sure they are in the same league. But all of these numbers are made up; you must understand that by now.

 インドを見てください。誰がインドの成長率を信じられますか?少なくとも、私は信じません。
 私はインドにも長年行っています。私はインドが中国のような成長はしていないと知っていますが、彼らは成長していると主張します。
 インドは中国が成長率を発表するのを待って、その後に彼らの成長率を発表します。彼らは中国と同じレベルということにしています。しかしそれらの数字の全ては作られたものです。あなたは、それを理解しなければなりません。


Now we've heard recently the WikiLeaks claims that China is inflating its GDP and the country's growth isn't real. Do you think that's true?

Q:
 最近、ウィキリークスでは、中国がGDPを過大に偽って発表しており、その成長は真実ではないとしています。あなたは、それは本当だと思いますか?


I'm sure they are. We are too, everybody is. I mean America says there's no inflation. You must shop, you know there is inflation. I mean do you believe any government numbers from any government from anywhere in the world? If you do, you are going to go to the poorhouse very quickly. Most government numbers are phony.

ジム・ロジャーズ氏:
 私は、それらは本当のことだと思います。
 私達もそうです。みんなそうです。米国は、インフレはないと言っています。店に行けば、インフレであることは明らかです。世界のどこの政府でもいいのですが、あなたは政府の数字を信じているのですか?もしそうなら、あなたは近いうちに救貧院に行くことになるでしょう。殆どの政府の数字はいんちきです。


How heavily invested are you in Asia?

Q:
あなたはどれぐらいアジアに投資されていますか?


A lot. I don't have a committee I have to answer to so I don't sit and figure these things out every day but lots. I own the renminbi and I own lots.

ジム・ロジャーズ氏:
 たくさんしています。私は人民元を多く持っています。


Is China primarily your investment in Asia?

Q;
アジアの中での、あなたの投資先は主に中国ですか?

As far as stocks? Yes. My stock investment is almost entirely in China. I don't own too many stocks around the world. My portfolio is mainly in commodities.

ジム・ロジャーズ氏
 株式についての話ですか?株式の投資先の殆ど全ては中国です。しかし、私は世界の株式をそんなに多く持っていません。私のポートフォリオの殆どはコモディティです。


引用元記事(一部抜粋)


【参考】

ヘッジファンド・マネジャー ディナカール・シン氏:
 ニューデリー(インド)のホテルの6階にいた。窓の外を見たら、何キロも先まで見える。エレベーター用の電力を確保できないから、デリーには高い建物が少ない。分別のある投資家は、いつなんどき停止するかわからず、20階分の階段を歩いて昇るはめになるかもしれない都市に高いビルを建てようとは思わないだろう。

 2004年に大連(中国)に再訪した時、同じ街だとはとうてい思えなかった。ガラスと鋼鉄の現代的な高層ビルを含め、新しいビルが林立していたので、1998年に来たのと同じ街なのかどうか、自信が無くなった。

フラット化する世界(増補改訂版)」P170より
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
深セン、広州に行ってきました
minoru
 中国の上記の街は、超高層ビル、超高層マンションが林立しています。

まさに、中国の都市の香港化が進んでいると感じました。
私には、食事が美味しく、物価が安くて快適な街です。

中国の国民が、香港買い出しに行く拠点ともなっているようです。
2010/12/17(Fri)20:47:01 編集
株式より商品
jikosekinin
ジムさんのではありませんが来年になればますます株で期待できる利益は少なくなるという論説を米国のYahooで見ましたが確かに理を得ています。
米国人もそういう考えの人が多いようです。
金、銀、農産物、天然ガスなどありますがこのブログを読んでいてジムさんのポートフォリオの割合も自分のなかで想像できます。ジムさんの著書を読んでわかりましたが、徹底した緻密な調査、歴史を分析されたうえでポートフォリオを組まれていると思います。

私も株は新たに手をつけないようにします。
2010/12/18(Sat)18:22:01 編集
無題
オレンジ
>>jikosekinin
ジムさんのではありませんが来年になればますます株で期待できる利益は少なくなるという論説を米国のYahooで見ましたが確かに理を得ています。
米国人もそういう考えの人が多いようです。

揚げ足とりのようですが、それはむしろ株の買い時の兆候のようにも聞えます(笑)
2010/12/19(Sun)09:05:12 編集
無題
オレンジ
↑失礼しました名前に「さん」が抜けました。
jikosekininさんすみません
2010/12/19(Sun)09:06:56 編集
オレンジさん
jikosekinin
個人的な意見です。気にしないでください。当面、自分は新たに株式は買おうとは思いません。
2010/12/19(Sun)13:11:06 編集
無題
安山
やはり商品ですか?
ただ中国がこけると、商品も暴落する恐れがあるとこが怖い。
また、今もちなおしつつあるようにみえるアメリカがこけると中国もこける恐れがあるし。。
そのときはFXや株の空売りなどで、ヘッジしたほうが良いのでしょうか?
2010/12/19(Sun)23:18:18 編集
株も・・・
minoru
 アメリカの株は明らかにバブルに近い割高を感じます。
政府、FRBが支えている面があるでしょう。

中国の金融引き締めで中国株が下がれば買おうと待ちかまえています。

商品も魅力なんですが、どうしても手が回らないなあ。
2010/12/20(Mon)10:49:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ