忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 日本の商品市場について、今までジム・ロジャーズはつぎのように語っていました。


 賢い人は日本の商品取引所の会員権を買うべきだ。それはタダのように安いというのが理由の第一で、商品取引が日本でますます盛んになると価値は爆発的に上昇するだろうというのが第二の理由だ。
(「冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行(P121)」より)

 日本の商品のブローカーはこれからリターンが楽しみだ。
(「ウェルス・マネジメント・エキスポ2008」より)

 このような発言からジム・ロジャーズが日本の商品市場に期待している(いた?)ことがわかります。
 しかし現状、日本の商品市場はこのありさまです。


日本の商品市場の現状
日本の商品市場の現状
週間ダイヤモンド2007年7月28日号より引用

 世界で商品市場が盛り上がりを見せているにも関わらず、日本の商品市場の出来高は2003年以降大幅に減少しています。
 アメリカ・イギリスそして同じアジアの中国の商品市場に大きく差をつけられています。
 最近、テレビで商品市場の盛り上がりが取り上げられていますが、うつるのは決まってシカゴ商品取引所などであり日本の商品市場は存在しないかのごとく無視されているありさまです。
 アジアでの株式市場の中心が日本から中国などの他国へ取って代られることを危惧されていますが、商品市場のこうした現状はなぜかあまり話題にされていません。

 ついに最近の雑誌記事でジム・ロジャーズは、「日本の先物市場の未来は明るいとはいえない。」と語っています。
 元々そういう考えがあったのか、最近になって考えが変わったのかわかりませんが日本の商品市場に疑念を抱いているようです。
 しかし同時に「日本の先物市場はインフラが整っており、他の国の市場より整備されている。」とも語っており日本の先物市場を見捨てているわけではなく期待している面もあるようです。

 個人投資家としても日本人としても、できれば日本の商品市場に発展してもらいたいものです。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
見学で
やまつん
関西の商品取引所に行ったことがありました.
近くを歩いていたら商品取引所という文字があり、興味があったので入りました.ちょっと汚いビルで今の中部大阪商品取引所が合併する半年前ぐらいにいきました。いまはコンピュータで取引をしているようですが、当時は手でシカゴみたくやっていました.中も色々見学させてもらいました。
しかし出来高は本当に少なかったですね。だから、合併したんだとおもいますが・・・

でも、お米やオプションなどの注目商品の動きも活発化してきましたし商品取引所もがんばっているみたいですね。
2008/03/09(Sun)17:12:29 編集
逆にいうと
NONAME
出来高が少ないということは、まだ目をつけられていないということでは?
それはチャンスと考えればよく、その中で生き残れれば、どこの市場でも生き残れる術を身につけるチャンスではないでしょうか
2008/03/09(Sun)23:01:16 編集
はじめまして
Shinji
つい先日、このブログを発見し、ブックマークさせていただきました。

ロジャーズは穀物の投資を推していますね。
ぼくも穀物の買いに力を入れた途端、大暴落です。

ロジャーズなら全然慌てず、買い増しするくらいでしょうかね。

徹底的に調査をし、信念を持つというのは素晴らしいことです。
2008/03/09(Sun)23:33:17 編集
無題
やまつんさん

 商品取引所って中に入れるんですね。
 競市みたいに手で注文出しているのは、なんかかっこいいですね
 活性化してくれるといいですね


NONAMEさん

 確かに買収される危険性は少ないかもしれないけど、個人的には今後のことが少し心配です。

 日本の株式市場もジャパンパッシングなんて言葉でその地位が低下することが危惧されていますが、一部の例外企業をのぞいて日本企業に投資するためには日本の株式市場に投資する必要があるわけで、日本の株式市場の地位が低下することはあっても、存在価値がなくなるということはないと思います。
 しかし商品市場で売買されている商品例えば“金”などは、どこで取引しても“金”なわけで、取引商品の差別化が難しい以上、株式市場より市場間の生き残り競争が厳しいのではないかと考えています。

Shinjiさん


>つい先日、このブログを発見し、ブックマークさせていただきました。

 ありがとうございます。YahooブックマークなどのソーシャルブックマークやはてなのRSSなどに登録してくれている方が増えているのを確認できるのが密かに楽しみだったりします。
 もちろん通常のブックマークでも登録してもらえてうれしいです。

 あまり詳しくないですが、農産物は月・季節ごとにも変動するようなので他のコモディティ(商品)以上に投資時期の分散を図った方がいいのかもしれません。
2008/03/10(Mon)16:15:25 編集
無題
O
「頭で儲ける時代」3月号のインタビューの中では、日本の商品市場の将来は明るいとはいえない、と言っていましたよ。
2008/03/13(Thu)17:56:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ