忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





Bailout Is ‘Nail in the Coffin’ for Euro, Rogers Says

5月12日(ブルームバーグ)
救済策は、ユーロの破滅を早める行為です。



Investor Jim Rogers said Europe’s bailout of indebted nations to overcome the sovereign-debt crisis is just “another nail in the coffin” for the euro as higher spending increases the region’s debt.

 ジム・ロジャーズ氏は、ソブリン債務危機を乗り越えるために、ヨーロッパが債務国を救済するのは、ユーロの破滅を早める行為だと言いました。
 なぜなら、そのために費やす費用は、ユーロ圏の債務を増加させるからです。



“I was stunned,” Rogers, chairman of Rogers Holdings, said in a Bloomberg Television interview in Singapore. “This means that they’ve given up on the euro, they don’t particularly care if they have a sound currency, you have all these countries spending money they don’t have and it’s now going to continue.”

「私は呆然としました。それ(※)は、彼らがユーロをあきらめ、健全な通貨であるかどうかを特に気にせず、全てのこれらの国々が持ってもいないお金を使い続けており、それが続いていくことを意味します。」


EUの最大7500億ユーロの緊急融資枠決定
ユーロ圏諸国の中央銀行の国債の買い入れ
など


All paper currencies are being “debased,” with the euro currency union at risk of being “dissolved,” Rogers said, adding that he continues to own the dollar, the Swiss franc, the Japanese yen and the euro.

「ユーロ圏が崩壊する危機に晒されたことに伴い、全ての紙幣の価値は下がっています。私は、米ドル、スイスフラン、日本円、そしてユーロを持ち続けています。」 


“It’s a political currency and nobody is minding the economics behind the necessities to have a strong currency,” Rogers said. “I’m afraid it’s going to dissolve. They’re throwing more money at the problem and it’s going to make things worse down the road.”

「ユーロは政治的な通貨です。強い通貨を持つためには、経済的な裏付けが必要であることを、誰も気にしていません。
 私は、ユーロは崩壊するのではないかと恐れています。彼らは問題解決のために、より多くのお金を使っていますが、それは状況をより悪化させそうです。


Investors should instead buy precious metals including gold or currencies of countries that have large natural resources, Rogers said. Among other asset classes, he favors agricultural commodities as the best bet for the next decade as well as silver because prices haven’t rallied.

「投資家は、その代わりに、金を含む貴金属か、たくさんの天然資源を持つ国の通貨を買うべきです。」とロジャーズ氏は言いました。
 他の資産では、次の10年の最高の投資先として農産物を支持しています。また同様に銀も、まだ価格が回復していないという理由で支持しています。


Rogers started short-selling emerging markets in the past two weeks after last year’s rally, he said. Still, the investor will seek to add to his Chinese holdings if shares fall further.

 ロジャーズ氏は、昨年の回復を理由に、過去2週間の間に新興国市場のショートを始めました。
 しかし、株式が一段安となるならば、彼は中国株の持ち高を増そうとしています。



引用元記事(一部抜粋)
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
現金が一番危ない
minoru
 現在では、全てのMONEYが仮想通貨になっています。
昔のドルのように、モノに対する兌換を保証した通貨がありません。

その結果、為政者は、自分が権力を持っている間は、不評を免れようとして、本質的な解決策はやりません。

世界の通貨は、順番に紙屑化していくと感じます。

最近ではソ連時代にルーブルを貯金していたらどうなっていたか?
考えると分かりやすいと思います。
2010/05/14(Fri)09:49:56 編集
パンとサーカス?
NONAME
過剰消費国に私達の身銭まで目減りさせられるのはなぁ…
2010/05/14(Fri)16:11:01 編集
無題
ひろ
みなさんと同じく、紙幣の価値は遅かれ早かれ下がると思いますが、今は、日本の不動産価格がどのように推移するか、気になるところです。

ゴールドはもう上昇波動に乗ったので、次は土地に注目しています。
2010/05/14(Fri)19:20:04 編集
無題
オレンジ
>>ひろさん
土地ですか~
僕も今不動産投資を勉強しています。
銀行から価値の下落するお金をノンリコースローンで借り、不動産を買って賃貸する、というのをやれば、いいインフレ対策になりますよね~
2010/05/15(Sat)08:51:50 編集
土地?
 私は土地・不動産を買ったことがないので、あくまで素人考えなのですが、日本は都心などの一部の地域をのぞき人口減少が確実ですし、居住用賃貸物件・オフィス物件の空室率も増えていると聞きます。
 現時点ではデフレで個人所得も下がっていることも併せて考えると、私は日本国内の不動産を買う価値はないと感じてしまいます。

 個人的にあえて土地・不動産に注目する理由を考えてみると、大きなレバレッジがきく(ローン)、日本円が多く刷られて希薄化すれば相対的に土地・不動産の価値が上がるぐらいでしょうか?

 以上、若干ぶしつけで失礼しましたが、
 もし差し支えなければ。皆さんが土地に注目している理由を教えて頂けると嬉しいです。


PS
邱永漢氏は自サイトで次のように言っています。

-------------------------------------------------------
インフレになったら一番値上がりするものは土地や貴金属や骨董品というのは昔から決まっております。その中で美術品が値上がりするのも常識です。


http://www.9393.co.jp/hihiq/kako_hiq/2009/09_1211_hihiq.html
(右上のURLをクリック)
-------------------------------------------------------
2010/05/15(Sat)14:49:19 編集
無題
ニト造
不動産は紙幣よりよほど有望だとは思いますが、今後の日本の増税路線、それによって起きる経済減速を考えると、80年代のようなことを期待するのかは厳しいかもしれないのでは、と思っています。

基本は、土地の価格を裏付けするのは、やはりその国・地域の経済活動になると思うので、同じ不動産を買うなら、今後大きく経済が発展する地域にしたいですね。
難点は、海外での不動産取得・運営するのは、現実には相当難しいことでしょうか、、、。
(大衆投資家にはちょっと無理)



→みかんさん
私もQ先生のブログで勉強させていただいてます。
手帳を買ったり、お金儲けシリーズを全巻読んだり、すっかりファンになってしまいました。

みかんさんの素晴らしいご紹介のおかげです。
このサイトに、一生ついていきたいと思います。
2010/05/15(Sat)15:57:19 編集
無題
オレンジ
みかんさんの仰るとおり、マクロ的に見れば、土地、住居需要はこれからも減退していくと思います。
だから、土地という分野がこれから有望とは正直思ってはないです(汗


ついでに・・・私が不動産に興味を持ったのは以下のような理由です↓
本当に価値のある物件を安く購入できたならばそんな数字に左右されず価値を生み続けるものだと僕は思っています。
これはジムロジャーズのやり方ではなく、どちらかといえばウォーレンバフェットの手法なので、あまりこの場の発言としてはそぐわない気もしますが、どんな市場かを上手く調べるよりも、自分の買うものがどんなものなのかを知る方が重要だと思います。どんなにいい市場だとしても損する人は損しますし、悪い市場だって利益を出す人は利益を出しますから。

賃貸物件は株や実物資産と違い、毎月キャッシュフローがあるのも魅力ですし、ローンができるならば元手がかからないというのも魅力です。

また、一つでも多くの市場を知っておけば、オルタナティブ投資の幅も広がると思います。
2010/05/16(Sun)07:57:04 編集
無題
ニト造さん

上海とか香港の不動産価格の上昇率は凄いですね
でも確かに、海外の不動産を直接買うのは敷居が高すぎますね

>手帳を買ったり、お金儲けシリーズを全巻読んだり、すっかりファンになってしまいました。

ニト造さんは相変わらず勉強家ですね。頭が下がります。


オレンジさん

>本当に価値のある物件を安く購入できたならば

なるほど、そうですね。
不動産は株とかと違って、物件ごとに条件も価格も千差万別。
しかも株とかよりも売買は手間がかかって流動性も低いから、探せば個別ではいくらでもチャンスがある物件があるのかもしれませんね

>毎月キャッシュフロー

コモディティはキャッシュフロー生まないのが欠点ですね
それどころか投資方法によっては維持費がかかる。

返答ありがとうございました。
2010/05/16(Sun)13:12:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ