忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





Jim Rogers: I Bought the Euro; Oil to Go Higher

6月16日(CNBC):
ジム・ロジャーズ氏:
私は、ユーロを買いました。原油は値上がりするでしょう。



As European governments promised they will take steps to reduce gaping budget deficits, famous investor Jim Rogers told CNBC he bought the single European currency, as he said he would.

 ヨーロッパの政府が、拡大する財政赤字を減らすための処置をとると約束したので、彼は以前に言っていたとおり、ユーロを買ったとCNBCで話しました。


"I bought the euro Friday and Monday, I don't know if it's just a trading bounce or if it's going to be fundamentally sound from now on," Rogers said in an interview from Madrid Wednesday.

「私は、金曜日と月曜日にユーロを買いました。ユーロがすぐに反発するか、これから根本的に健全な通貨になるかは、私はわかりません。」
とロジャーズ氏は、水曜日にマドリッドでインタビューでこたえました。


Various European governments, including Spain, Portugal and Greece but also Germany, have pledged austerity measures to cut back public debt, but Rogers said he was skeptical.

 スペイン、ポルトガルとギリシャ、さらにはドイツを含むあらゆるヨーロッパの政府が、公的債務削減のために厳格な処置をすると誓約しました。しかし、ロジャーズ氏は懐疑的であると言いました。


"I don't believe them, of course, but maybe they mean it this time," he said.

「もちろん、私は彼らを信じていません、しかし、おそらく、それが今が買い時であることを示しています。」


Reforms must be done both at a country level and at the level of the entire union, according to Rogers.

ロジャーズ氏によれば、改革は国レベルで、そして全ての組合レベルでされなければなりません。


"The EU says they are going to force everybody now to run a tight ship. It has to be everybody. If it's not everybody, is not going to work," he said.

「EUは、みんなを厳しく管理して推し進めることになるだろうと言っています。それは、みんなでやらなければなりません。誰かが動かなければ、それらはうまく働かないでしょう。」


引用元記事(一部抜粋)


6月16日(ブルームバーグ):
ジム・ロジャーズ氏がユーロ買い-救済で傷付いても消えるのは15年先



 著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、ユーロを購入していることを明らかにした。同氏は一方で、財政赤字国の救済が最終的には共通通貨を破壊するとみている。

 同氏は16日マドリードでのインタビューで、「こうなるはずではなかった」とし、「欧州のためにも世界のためにも、失敗をした人を救済するのが良いことだとは思わない」と述べた。

 ユーロ圏の一部の国の財政赤字問題を背景に、ユーロは今年に入り14%下落。欧州連合(EU)は7500億ユーロ規模の救済メカニズムを取りまとめた。

 ロジャーズ氏は「強い通貨をおとしめ、どんどん弱くしたことで、最終的にユーロは破壊されるだろう」と述べた。「それまでの当座、ユーロをロング(買い持ち)にする」と続けた。

 ロジャーズ氏は今週ユーロを購入したほか、さらに買い増すこともあり得ると語った。投資家心理が短期で否定的になり過ぎたためと説明。また、ユーロが姿を消すのは10-15年後のことだとも指摘し、「参入して売りの相手方を務めるべきときだ。ユーロは売りたたかれ過ぎた」と述べた。



引用元記事
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ハッピー
初めてのコメです。以前から興味深く読んでいます。ユーロを買ったそうですがシンガポールドルを売って買ったのでしょうか?
2010/06/24(Thu)09:43:59 編集
流れから推測するに…
ノ~ネ~ム
[私は、所有している米ドルをどうするべきか悩んでいます[06/14 14:53]]
↑って言った手前、米$かな…?。いくらユーロが上がるって買っても代わりに売った通貨まで一緒に上がったらなぁ…価値は変わらず、変わったのは通貨の単位だけとなり…虚しいゼ(笑))
 ユーロと負の相関にある何か?でしょう。そして、ジムはバソの前でほくそ笑みつつ次はいよいよ人民元…何か最近慌ただしいよね。
2010/06/24(Thu)13:41:19 編集
Re:?
ニト造
ハッピーさん

はじめまして、二ートな若造、略してニト造です。

>ユーロを買ったそうですがシンガポールドルを売って買ったのでしょうか?

個人的な憶測ですが、、、
SGDに一時的に資金を置いていた、という状況なら、SGDを売り、ユーロを買ったと思います。
ただ、本格的にSGDを売り、ユーロを買うような真似はしていないと思います。
SGDは、先進国のなかでは、通貨切り上げをした数少ない通貨の一つなので。
(ロジャーズは短期売買もやるようなので、実際にやった可能性は十分にありますが)

思いますに、何か上がりすぎたと判断したものを売っているのではないでしょうか。
だいぶ前に新興国の株を全て売ったと発言していましたが、そのときの資本をそのまま、どこかの通貨に置いていたのかもしれません。

個人的には米ドルを売っているのでは、という気がします。いま、米国債にかなりの資本が向かっていますので。
FRBのゼロ金利をベースに、借金して米国債を買えば、一定の利益が得られますから、債券投資家の皆様は、ギリシャの国債にケチをつけても、米国債にはケチをつける気がなさそうです。
(ロジャーズがバブルと言っている理由が、ここにあるのではないかと思っています)

まだかなり先だとは思いますが、ロジャーズが米国債を空売りし始めたら、「なんちゃって終末の日」に対応する資産構成に変えたほうがよいかもしれません。
2010/06/24(Thu)19:43:28 編集
Re:なるほど!
ハッピー
皆さん。鋭いですね。
そもそもFXではSGDとEURの通貨ペアはなかなか見当たりませんね。
SGDはUSDと連動しているといううわさを聞いたことがあります。
新興国株を売った金でEUR/USDをロングしたのかも。
まあ私としてはEURは難しい問題があるので買う気がおこりません。
最近、USD/JPYをショートしました。
AUD/JPYのロングはロスカットしてしまうま。
2010/06/25(Fri)18:11:50 編集
ハッピーさんへ
ニト造
SGDは複合通貨のペッグ制になります。

USDやユーロ、円、その他を含んでいたと思います。
もともとシンガポールは経済規模から言うと、通貨取引で振り回されるくらいの規模だったので、それを避けるために、完全に自由な変動相場制を採用していなかったと思います。

エセ知識ですいませんが、EURやUSDのような変動性の強い通貨でないことは確かなはずです。
2010/06/27(Sun)23:46:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ