忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





8月25日(ブルームバーグ):
ジム・ロジャーズ氏:
中国など各国中銀は利上げすべき-インフレ抑制



 著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、中国を含めた世界各国はインフレ抑制に向けて政策金利を引き上げるべきだとの見方を示した。

 ロジャーズ・ホールディングスの会長を務める同氏はシンガポールから電話インタビューに応じ、「どの国も金利を引き上げるべきだ。金利は世界中で低過ぎる」と述べた。
 その上で、「世界経済が改善すれば、商品需要にプラスだ。世界経済が改善しなければ、株式では大きな損が出るだろう。それに連れて、政府はさらに量的緩和をすすめるだろう。」と指摘した。

 ロジャーズ氏は、ここ2日間に発表された経済指標で、7月の米中古住宅販売件数が統計開始以来で最大の落ち込み(参考:ニュース記事チャート・過去数値)となり、日本の輸出の伸びが5カ月連続で鈍化(参考ニュース記事)したことに言及。
 世界経済のリセッション(景気後退)は長引くリスクがあると指摘した。
 その上で、「まだ最初のリセッションから脱却していない。米国と欧州の景気減速が続けば、影響は全世界に広がる」とし、中国経済は欧米の10分の1、インドは中国の10分の1と指摘。「われわれを救済できはしない」と述べた。

 ジム・ロジャーズ氏は、新興市場資産と株式のポジションをショート(売り持ち)に、商品をロング(買い持ち)にしていると語った。
 その上で、「商品相場は、上昇率が年5-6%とどまるにしても、次の10年の間には過去最高を更新するだろう」と述べた。

 さらに、中国株が世界金融危機の余波で2008年に65%下落したのと同様の大幅下落があれば買いを再開すると述べた。
 同氏は08年の下落以降は中国株を買っていないという。


引用元記事(一部抜粋・一部英語原文を元に改変)

 ジム・ロジャーズはどちらかというと、世界経済は減速して中国株なども下落するとみているようですね。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
NONAME
http://www.asianinvestor.net/News/229815,jim-rogers-another-financial-collapse-could-lead-to-a-commodity-boom.aspx
新たな市場崩壊は商品市場の急騰を招く。英米は実質破産状態にあり5年以内に
デフォルトになる可能性
2010/08/26(Thu)01:53:38 編集
中国株
minoru
 このところ株の低迷で、中国株はかなり割安なものが見られますね。

商品市場は、いかに考え方が良くて魅力でも投資の方法が難しい。

ファンドの酷さには驚きます。

http://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/detail_chart_monthly.php?code=3102
2010/08/26(Thu)09:03:32 編集
無題
ニト造
コモディティ上昇といっても、全体の指数にならせば、さほど大きくは見えないのでしょうね。
ファンドといっても、指数ですから、RICI指数は別に悪くないと思いますけど。
2009年の大底からすれば+30~40%くらい高いですし、その大底でも、コモディティが上昇期にあった2003か2004年のレベルだったと思います。
去年は、一時は大底から+60%くらいにまで上昇しましたし。

2008年が異常だったのだろうと思います。
2010/08/26(Thu)20:43:46 編集
中国やインドの景気だけでは
ハッピー
やはり中国やインドの景気だけでは世界中の景気を良くすることはむりか。
以前、ソロスも言ってた。
こんな状態で商品は上昇するのだろうか?
2010/08/26(Thu)23:15:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ