忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 アメリカの下院で緊急経済安定化法案が否決されたこに関しての、ジム・ロジャーズの見解がです。


10月1日(アジアンバリュー ):
米金融危機「私はこう見る」ジム・ロジャーズ氏



-下院の安定化法案否決をどう思うか。

「正しい選択だ。これにより米経済は、短期的に企業破綻などの悪影響を受ける。だが、長期的には健全化が早まるだろう。ウォール街の連中を救うために納税者のお金を使うべきではない」


-米国が金融機関救済のために大量の資金供出をした場合はどうなるのか。

「危機が長引く。また米政府は、間違いなく追加の資金供出を迫られるだろう。米国はバブル崩壊後の日本政府の失敗を繰り返してはならない。
日本政府は倒産すべき企業を守っため「失われた10年(lost decade)」を招き、18年後の現在も影響を引きずっている。米政府は70年代、市場に介入して長期のスタグフレーションを招いたことも思い出すべきだ。
市場経済に介入しなければ、危機は短期間で最悪の事態を迎えた後、数年で健全化するだろう。」 


引用元記事


 ジム・ロジャーズなら容赦なくこう言うと思っていました。
 アメリカ経済は、どう転んでもバブルのつけを払うまで景気後退はまぬがれないようです。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アップルパイ
JALについて詳しくのコメント感謝します。

ジムロジャーズは参考にされている、エコノミストについての発言はありますが、参考にされている哲学者とかのコメントって聞いた事ありませんよね?

例えばギリシャ哲学の誰だとかです。
2008/10/03(Fri)00:24:27 編集
同感
ネオ
みかんさんと同じように私もこういうコメントをするだろうな思っていました。ジム氏のコメントに注意を払っている人はみんなそう思っていたかもしれませんがなんかうれしいです。(笑)
それにしても否決には驚きました!コンセンサスは当然通るだろうみたいな感じだったと思ってましたし。
アメリカの議会もなかなかやりますねーという印象でしたが、いまだに必死に法案を通そうとしていますね。
日本がこの状況に立たされていたとしたら簡単に通されちゃっていたかもしれませんね。昔もそうしたように。
2008/10/03(Fri)00:43:56 編集
コメントへの返事
アップルパイさん

>参考にされている哲学者とかのコメントって聞いた事ありませんよね?


 こちらの記事中のジム・ロジャーズの発言では、プラトンの言葉を引用しているようです。

 中国には、人権問題等があり、そんな国に投資してよいのかという質問に対して、ジムの回答は以下のようなものだった。
 繁栄すれば変わる。昔、ほんの100年地少し前の時代、米国だって、無茶な国だった。汚職や政治家の暗殺などもしょっちゅうだった。プラトンが言っていることだが、専制政治から寡頭政治に変わり、民主政治になる。中国も同様だ。いずれ変わるし、よりよい方向に変わりつつある。現在は、過渡期である。

http://www.fx-kyc.com/report/h_column/2007/02/post_12.html


ネオさん

>アメリカの議会もなかなかやりますねーという印象

 アメリカ世論は救済反対派が多いようですね
 プラカード持って反対運動している人もいるようです。
 まあ年収数千万円~数億円の人達がゴロゴロいる会社に税金投入と言われても納得できないのが普通な気がします。

>日本がこの状況に立たされていたとしたら簡単に通されちゃっていたかもしれませんね。

 確かにそうかもしれません。
 少なくともプラカード持って反対運動みたいな積極的な活動はないように思います。
2008/10/03(Fri)01:48:41 編集
無題
アップルパイ
ありがとうございます、プラトンを引用してるんですか知らなかったな。

プラトンの本って本当に面白いですね政治とかイデア論にしても。
2008/10/03(Fri)05:30:10 編集
法案可決
ネオ URL
安定化法案通ってしまいましたね。ブッシュやポールソンは何が何でも通したかったみたいですし。
ただ、市場の反応は彼らの思惑とは違ったようです。法案可決で、反発があったら売りだという考えの人はたくさんいたのでしょう。
為替の方ですが、ジム氏のコメントがありました。前に言っていたことから特に変化はありませんが。私が以前リンクしたZai FXの「 ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!? 」というところです。近々Zaiの株の方でもコメントを載せるようですね。
ここに松田哲氏のコラムがありますが私は彼の意見に同意しています。考え方もジム氏に近いと思っています。
2008/10/05(Sun)11:26:57 編集
ダウ続落
 法案可決すれば少なくとも短期では上げるかと思ったけど、下落したままで反発はなかったようですね。
 これは月曜の日経も下げですかね。

 zaiの記事情報ありがとうございます。
 セミナーで語っていたことと同じですね。
 zaiの人もいたっぽいのでその時インタビューしたのかな?

大投資家ジム・ロジャーズに聞く。米国経済は、米ドルは、これからどうなる?
http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zaifx/column/column&cate=tomo&art=53
2008/10/05(Sun)15:54:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ