忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





5月21日(ブルームバーグ)
スリランカに素晴らしい機会-ミャンマーにも潜在性



 著名投資家のジム・ロジャーズ氏は21日、政府軍により反政府勢力「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」が掃討されたスリランカには「素晴らしい機会」があると述べた。

 同氏はシンガポールでの会議で、スリランカの機会は「大きく、割安」で、同国が「劇的」に変化していると指摘した。

 ロジャーズ氏はミャンマーについて、天然資源と同国がインドと中国に隣接する地の利を考慮すれば、ミャンマーも投資家に「膨大」な潜在性を提供すると語った。「新たに投資する場所を探すならば、リスト上位に来るだろう」と付け加えた。

 アジアの他地域については、同氏は中国と台湾が平和的な方向に進んでいることを確信していると述べた。また、株式選好には、中国とインドの水資源関連などが含まれると説明した。

 ロジャーズ氏は、現時点では売り持ちがないことを明らかにした。


引用元記事

 英文記事によると、現時点ではまだミャンマーに投資はしていないとのことです。
 スリランカは、25年に及ぶ内戦が終ったということで大きな変化があるようです。
 (参考参考2)
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
スリランカ
二ト造
戦争の終わった国へ行く最初の飛行機に乗れ!とよく本で出てきていましたが、スリランカへの投資なんて、一体どうやっていくのでしょうね。自分には予想もつかないです。
ジムとか早い段階で投資する人は、人脈も凄いんでしょうね。
いつか、自分もそうなりたいです。
2009/05/24(Sun)18:16:56 編集
Re:スリランカ
二ト造さん

 スリランカの投資信託とかないかと思い試しに検索してみたけどないようです
 本を見る限りでは、ジム・ロジャーズは他国に投資する際に、地元の証券取引所なり証券会社なりを直接尋ねているようですね
 新興国に早く投資できる理由は、おそらくその行動力のほうが大きいのではないでしょうか。

 ただ仮に株を買えたとしても、何かトラブルが起きた時に、助けを求めても自国の普通の弁護士や機関だと手も足も出ないだろう事を考えると、一般人にはリスクが大きすぎるように思います。
2009/05/24(Sun)20:42:22 編集
Re:Re:スリランカ
アップルパイ
スリランカで事業をやってる日本か中国の企業を探した方が早いかもね。何のセクターが良いのか分からないから微妙だけど。例えば、アンゴラの企業に投資するのは難しいけど、アンゴラで石油の事業をやってる三菱商事とかに投資する事は出来るよね。スリランカってキリスト教が8%もいるんだ。インドは2%くらいなのに。やっぱヒンドゥー教、仏教に比べるとユダヤ教、キリスト教の方が創造的で社会に積極的に絡んでいく感じがするね。インド系の思想は美しいけど経済的には向いてない気がする。日本も一応仏教の国だけど、麻生さんはキリスト教だし変化が起こりそうだね。今はプロテスタントの多い国が経済的に難しいから、カトリックの多い国の方が豊かになりそうな予感がする。スリランカはカトリックが多いから楽しみだな。

スリランカに進出してる企業を調べてみました。
F.D.K、YKK、三井鉱山、ノリタケ、新日本空調、尾道造船、NTTコミュニケーションズ、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅など
2009/05/24(Sun)21:31:27 編集
Re:Re:Re スリランカ
ニト造
みかんさん、アップルパイさん、ご返信ありがとうございます。
スリランカにもいろいろな企業がはいっているんですね。確か、インドにないような、欧米人向けのリゾート観光地もあったように聞いた記憶があります。今後が楽しみですね。

スリランカの投資信託が出たら買いたいところですが、私のような貧民が買える投資信託が出る頃には、相当上がった後でしょうね。当面はコモディティの投資信託か株を購入していきます。

いつか、スリランカに行き、口座を開きたいものです!
2009/05/26(Tue)23:25:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ