忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 日経ヴェリタス連載第四弾です。


日経ヴェリタス 2009年11月1日号
日経ヴェリタス 2009年11月1日号


ジム・ロジャーズ「市場の旅人が来た道」 4
「株式の死」の70年代、資産を34倍に


 ジム・ロジャーズがジョージ・ソロスと組んでクォンタム・ファンドで活躍していた時期について書かれています。
 この頃の、ジム・ロジャーズの活躍として2つの事例があげられています。


事例1.
 石油・ガスの需給から関連株が上昇すると予測し、オイルショック時に大きな利益を得る。

事例2.
 当時米国の技術と米国流の訓練を導入して世界最高のパイロットと戦闘機をもっていると言われたイスラエルの戦闘機が、追尾システムを持つ電子機器を積んだエジプトの戦闘機に打ち落とされた。
 事件を機に、米国が今後軍事に予算をかけることになると予測し、当時割安だった防衛産業に投資し、その後大きな成果をあげた。

 ジム・ロジャーズはよく「割安かつ“変化が起こっているもの”に投資しろ」とよくアドバイスしています。
 事例1でジム・ロジャーズがとらえたのは、「需要と供給の変化」です。需要・供給の重要さは講演などでよくジム・ロジャーズが繰り返し発言しています。
 事例2でジム・ロジャーズが予測したのは、「新たな政策による政府予算の流れの変化」です。つまり、今後、その国の重大な政治課題としてあがりそうなものを予測し、その課題解決に大きく政府予算がさかれた時に恩恵を受けそうな業界・企業を探して見つけ投資しています。
 最近の例では、ジム・ロジャーズは今の中国の有望分野として、水処理やインフラ、そしてコモディティをあげていますが、これらを有望視する理由の一つとして、今後、中国政府が問題解決のためにこれらの分野にさらに予算を投入していくと予想しているからだと思われます。

 変化をとらえたり予測するのは大変難しいことですが、「新たな政策による政府予算の流れの変化」は比較的予測しやすい気がするのですがいかがでしょうか?


【参考】
10月27日毎日新聞より

ジム・ロジャーズ:
 日本の新政権は出生率を上げる政策に力を入れるので子育て関連の企業は恩恵を受けるが、公共事業削減を目指しているため建設業のような企業は先行き厳しいのではないか。

引用元記事
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オレンジ
建設業が危ういという意見には同意ですが、子育て関連が儲かる流れがちょっと私には分かりません(汗

子育て関連というのはおもちゃや託児所の事でしょうか・・・?

ただ、別に政府が子供におもちゃを買って配給するワケでもないし、託児所が儲かるというワケでもない気がしますが・・・

ジムロジャーズが儲けた軍需関連は、直接政府が金をつぎ込むからそのまま利益に繋がるのは分かりますが、子供が別に増えてもいない時から子育て関連を買うのは、いささか早計という気がします・・・。
2009/11/03(Tue)17:35:49 編集
育児関連株
ジム・ロジャーズが日本株で育児関連株として
購入していると発言しているのはサンリオとタカラトミーですね

長期的に育児関連業界が儲かるには子供が増える必要が
あるかもしれませんがもっと短いスパンでは
政府が明確に育児支援の政策を掲げるたり
実際にそっちに予算を多く割けばそれだけで上昇すると思います。

実際に民主党が選挙で勝ったら
子ども手当てを見込んでタカラトミーなどの
株価が上昇したようです。

http://www2.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200909080176.html

現状でも、ベビーカーを買った時に領収書をもらって市役所にもっていくと補助金もらえたりします。
(自治体によって違います。結構知らない人が多い。)
こういった施策が増えたりもっと告知されれば育児関連企業にもっとお金が流れることになると思います。


とはいえ、正直なところJAL同様
ジム・ロジャーズのサンリオ株投資は
疑問視する声が多いです。
個人的にも、政府が少子化対策に乗り出すと予測するにしても
玩具じゃなくて実用品をつくっている会社とかのほうが
無難じゃないかという気がします。

また、ジム・ロジャーズは
自分の知っているものに投資しろとよくアドバイスしますが
私たちはおそらく日本についてはジム・ロジャーズよりよく知っているので
日本株投資(特に内需関連)については自分の考えを信じてもいい気がします。
(ジム・ロジャーズはその知識とあと外国人という立場からより客観的に日本企業をみれるという利点もありますが)
2009/11/04(Wed)12:33:33 編集
無題
オレンジ
なるほど、思惑買いで上昇するというのはあるかもしれませんね・・・

育児関係の補助金って、利用するのが一般人だけあって、その存在を知らない人が多いから、効果は微妙ですよね・・・

実用品というと・・・ユニチャーム辺りですかね・・・

そうですね。ジムロジャーズの言葉は色々考えさせられますが、自分の考えもしっかり持って投資に望みたいと思います。

子供を作るかどうかって単に金銭面だけでなく、女性の社会的活動を制限したり、個人の考え方とかにも関わるデリケートなテーマなんで、慎重に考えてみます。

みかんさん、これからも宜しくお願いします。
2009/11/04(Wed)18:30:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ