忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 ジム・ロジャーズの最近のEUとユーロに関する発言です。


im Rogers on the Dangers of Price Inflation, the Promise of Commodities and America's Continued Decline

4月3日(the Daily Bell):
ジム・ロジャーズ氏-
インフレの危機・コモディティの有望性・米国の衰退



Daily Bell:
The Japanese were going to buy PIGS bonds. What will happen now? Does that only leave China?

Daily Bell:
日本人は、PIGSの債券を買いそうでした。現在は、何が起こりそうですか?それを任せられるのは、中国だけですか?


Jim Rogers:
Obviously the Japanese have other things on their mind right now. I think we are getting closer and closer to the point where someone in Europe is going to have to take some losses, whether it's the banks or the countries, but somebody has to acknowledge that they are bankrupt. The thing that the world needs is for somebody to acknowledge reality and start taking haircuts.

ジム・ロジャーズ氏:
 明らかに、今現在、日本人の関心は別のところにあります。
 ヨーロッパの誰かが損失を受け入れなければならない日が、より間近に迫っていると私は思います。それが銀行か国かに関わらず、その誰かは、破産を認めなければなりません。
 世界が必要としているのは、現実を認めて最適な価格以下での評価を受け入れる誰かです。


Daily Bell:
Are you more optimistic or pessimistic about the EU these days? Last time you told us the world needed the euro - a big market with breadth and depth. But you weren't sure it was going to last. Any new insights?

Daily Bell:
 あなたは、最近のEUによ楽観的ですか悲観的ですか?
 この前、あなたは、世界は広く深く大きい市場のユーロを必要としていると話しました。しかし、あなたはそれが続きそうであるとの確信はありませんでした。何か新しい洞察はありますか?


Jim Rogers:
I didn't say that the world needed the euro, I said it would be good for the world; we need something to compete with the US dollar. On paper the euro would be a great competitor. However, as I have said before, it is a political currency rather than an economical currency, and I would suspect that this pushes the euro closer to a moment of truth.

ジム・ロジャーズ氏:
 私は、世界にはユーロが必要とは言ってません。私は、それが世界にとって良いと言いました。
 我々は、米ドルと競合する何かを必要としています。名目上は、ユーロは立派な競合相手です。しかし、以前言ったように、ユーロは経済による通貨というよりはむしろ政治的な通貨です。私は、それがユーロを困難な時に近づかせているのではないかとうと疑っています。


The Germans are now in control and they will be able to make everybody toe the line. The Germans expect to hold the euro together during this period of pain, and I hope they can. As I have said before, the world needs something to complete with the US dollar. I would expect the euro will survive this particular round of problems, and this will be good for the world and the euro in the long run.

 ドイツ人が現在管理をしています。そして彼らは、みんなを統制することができるでしょう。ドイツ人は痛みの伴うこの期間の間、一緒にユーロを持つことになると思っています。私は、彼らがそれをできることを望みます。先に言った通りに、世界は米ドルと競合する何かを必要としています。
 私はユーロはこの問題の期間を乗り切ると思っています。そして、それは長い目で見れば、世界とユーロにとって良い事です。


Daily Bell:
Is Germany taking the proper - hardline - stance toward Greece and Ireland? Is austerity the only solution or should bank bondholders finally have to take the haircut you mentioned?

Daily Bell:
 ドイツは、ギリシャとアイスランドに適切な、強硬な態度をとっていますか?緊縮は唯一の解決方法ですか?それとも、銀行債券の所有者は、あなたの言う最適な価格以下での評価を受け入れなければなりませんか?
 

Jim Rogers:
Either way, if people start having to acknowledge their losses then that's going to lead to more austerity. And I don't think you are going to see people rushing in to invest or lend to the Greeks if they have just lost lots of money on their bonds or their bank stocks or whatever it happens to be. It will certainly cause problems. I don't think anyone will pull out of the euro this time around, but some might be thrown out. Merkel seems to think she can hold the euro together but that's going to require some stern German discipline and losses. If that is her plan the euro could emerge as a real competitor to the dollar and have a great future. I am a bit skeptical of that last statement, but I do own the euro still.

ジム・ロジャーズ氏:
 どちらの方法ででも、人々が彼らの損失を認め始めれば、それはより緊縮をもたらしそうです。
 そして、私は、債券や銀行株や何かが起こって多額のお金を失うことになろうと、人々がギリシャに投資や貸付を行うとは思えません。それは確かに問題を引き起こします。私は、全ての人が今回の件でユーロから手を引くとは思いません。しかし、何人か投げ出す人はいるかもしれません。
 ドイツのメンケル首相は、一緒にユーロを持つことができると思っているようです。しかし、それはいくらかの厳しい抑制と損失をドイツにもたらしそうです。もし、それが彼女の計画であるならば、ユーロは米ドルの本当の競合となることができ、素晴らしい将来があるでしょう。
 私は最近の声明に少し懐疑的です。しかし、私はまだユーロを持っています。


引用元記事(一部抜粋)


タイトルを含む6節目に
the world needs something to complete with the US dollar.
とあるが
the world needs something to compete with the US dollar.
だと思われる。
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ユーロがどうなるかは
安山
要するにユーロがどうなるかはよく解らない、ということでしょうか?
ドイツが他国を支援しなくなれば暴落する、ということは伝わりましたが。
2011/04/10(Sun)23:46:14 編集
ギリシャを破綻させモデルケースにする、かな
ノ〜ネ〜ム
ギリシャを破綻させ、危機を最小限で食い止めるとともに、ユーロ財政運営の破綻のモデルケースとする、かな。

メルケルおばさまの手腕やいかに
2011/04/11(Mon)04:00:12 編集
人民元
青田狩り
ジム氏は人民元推奨してるけど、やっぱ買うならfxで買いたい!そこで、hkd/jpyってどうなんだろうか?人民元に非常に近いような気がします。
今は人民元と同じく米ドル連動してると思うけど自由化したら人民元に連れて上がっていく!
。。と思います。。
2011/04/12(Tue)18:25:19 編集
無題
ニト造
青田狩りさん。お久しぶりです。

なかなか難しいご質問です。

人民元を上げるのには、理由があります。
現在は輸出入のバランスが崩れ、輸出超過の状態で通貨を米ドルにペッグしているため、
中国国内では、かつてのバブル青田さんがディスコ(懐かしい響きです)で踊っていた日本と同じように、過剰流動性が発生し、
これが資産インフレを引き起こしているためです。
資産インフレを退治するには、元凶の輸出超過を抑制するしかなく、通貨高に持っていく必要があります。

しかしながら、人民元の高さはまだ十分ではなく、
香港に比べて、上海のほうが物価が高になっていて、休みに上海の人が香港に買い出しに行くくらいですから、何か異常さを感じます。

一方で香港ドルが通貨切り上げを必要としているかというと、、、、ちょっとよくわかりません。
もし同じように、輸出超過による資産インフレが発生していれば、同じように香港ドルが上がる方向に動くかもしれません。

素人ですいません。
2011/04/13(Wed)00:21:21 編集
HKD
ゆう
香港ドルは返還後50年ドルに連動させる約束があり、反古にすることはないかと。
2011/04/13(Wed)12:13:03 編集
無題
青田狩り
ゆうさん
そうだったんですか⁉知らなかった!勉強になりました!って事は2047年まで基本的に米ドル連動なんですね!

ニト造さん
お久しぶりです。勉強熱心なニト造さんにお答え頂き光栄です!

しかし、個人的には50年は続かないような気がするな~。かなり歪ですし、米か香港かどっちかがギブアップするな。
2011/04/13(Wed)12:57:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ