忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 ジム・ロジャーズの国・地域別考察です。


【ミャンマー】
 ロジャーズ氏は「ミャンマーは今後20~30年、非常にエキサイティングな場所になる。中国が1978年に(改革開放に向け)大きく変化したのと同様だ」とし、「(米国の経済制裁が解かれるなどして)投資が可能になれば、ミャンマーに多大な資金を投じたい」と語った。

 ミャンマーを魅力的とみるのは「中国、インド、タイという成長国に囲まれ、多大な資源を持ち、教育水準が高く規律正しい人口を抱える」一方で、「(資産価格が)非常に安い」ため。
 産業別では「まず中印の需要が大きい資源部門。さらに観光関連、教育関連など」と、幅広い分野に期待を示した。



【北朝鮮・韓国】
 北朝鮮も開放に向け「変化の兆しが見える」とし、「ミャンマーより難しいが、(将来性を)楽観視している」と述べた。もし南北統一が実現すれば「北の資源と安い労働力、南の資本・経営能力を組み合わせて最強国の1つになりうる」と予想。
 ただ「北朝鮮の開放で韓国は恩恵を受ける」としながらも、「知識がない」として韓国投資への関心はみせなかった。



【アフリカ、南米】
 地域全体として、商品市場の上げ相場が続く限りは強気だ。
 中国が多大な資本を投下しており、豊かになれば市場の開放が進む。



【中東】
 社会的混乱が多すぎ、戦争もあり得る。投資していないし、関心もない。



2011/12/2(日本経済新聞):
ロジャーズ氏、将来の投資先「ミャンマー・北朝鮮に関心」

より抜粋
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
商品相場
ニト造
記事、いつもありがとうございます。
楽しみに拝見させていただいております。


商品相場が通常より長く続くとしていますね。投資が8-9年でスタートとありますが、その効果が大きく出てくるのが、物によるのでしょうが、やはり~10年とすると(商品の時代で、北海油田発見から市場に供給されるまで約10年となっていましたね)、だいたい20年が一サイクルということですか。

となると、前まで2018年くらいがピークと予想していたのが、欧州や米国の問題で、ピークはもっと後になるとのことなのでしょうね。

投資って、ほんとに奥が深いです。
2011/12/04(Sun)22:41:21 編集
ミャンマーに
確かに急速に体制が変わっているようですね。
近いうちにミャンマーに行ってみようと思います。
2011/12/10(Sat)19:51:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[463] [462] [461] [460] [459] [458] [457] [456] [455] [454] [453]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ