忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




今週の週間ダイヤモンド(2013年8月3日号)にジム・ロジャーズインタビュー記事が掲載されています。
 日本経済について短期的な予測と長期的な予測を語っています。

 (日本は、)公的債務は天文学的に増える一方で、人口は劇的に減少していく。さらにインフレのリスクが浮上しており、残念ながら壊滅的な状況になると私はみている。

 2022年前後にイタリアなどを巻き込む形で私のシナリオは現実のものとなるはずだ。
 端緒は日本ではなく、一般的にマイナーな国で起き、連鎖的に世界へ波及していく。


週刊ダイヤモンド 2013年8月3日号

PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
人参
まあ、今から10年後は日本だけでなくアメリカも欧州も新興国もやばいだろうね。猶予は10年といったところか・・・
 まあ、それでも先進国が一番ましだろ。中国とかに比べれば。
中国は民主化しない限り日本と同じかもっとひどい結果が待ち受けてるよ。共産党が政治も経済も支配する権威主義国家が成功するわけがない。
2013/08/02(Fri)17:44:53 編集
ジムの言う事聞いても全く儲からない
ジムの言う事聞いても全く儲からない
このブログやジムの発言を
こまめにチェックして、
こつこつ買ったコモディティ関連の
投資信託は、
ほとんど儲からなかった


今年に入って、
殆どこのブログに訪問しなくなって、
ジムの発言を気にしなくなって、
自分で学んで投資したら、
1月~7月末で、300万ほどの利益


ジムの言う事聞いても全く儲からないし、
ジムの言うように投資しても儲からない。


ジムが世界の航空会社の指数作ったのは、
あれはどうなったのかな??

その後、JAL倒産し、各社燃料高で、
果たして、指数立ち上げ以来
どのようなパフォーマンスになっているか、
見てみたいもんだ
2013/08/03(Sat)15:13:38 編集
債務と一くくりにされても・・・
picachu1234
日本の公的債務と海外各国の債務とは
単純に数字で比較できないそうです。

数字を出すときの計算方法が
違うそうです。

日本の債務は公的資産を数字に
いれていないそうです。
海外はいれているそうです。

また日本国政府の債務は90%以上が
日本国国民から借りているので
いざとなれば、札を刷って
国民に返却すれば済むそうです。

まあ債務はあるよりないほういいに
きまってますが・・・。
2013/08/03(Sat)15:40:45 編集
無題
ねこ
久しぶりに来て見たが、ここ悲惨ですね。
以前も書いたがジミーはシンガポールでは”負け犬”扱い。シンガポール人では彼は事実上の貧乏人。
かつて稼いだ金も使ってしまい、今はほとんど無い。
今や、大陸の共産党におべっか使って小銭をかせいでいる哀れなお爺ちゃん。
(これもシンガポール人から馬鹿にされる要素、彼らは大陸人が大嫌い)

ジミーの致命的なところは、インフレ率の推移をみないところ。
金融政策が正常で経済に大きな変動が無い時は、緩やかなインフレでありなんの問題もない。
しかし何か問題が起きた時に、手を打つのが遅れ、デフレや高インフレになる。
問題は時々起こるかもしれないデフレや高インフレであって緩やかなインフレではない。

稀な現象を何十年も毎日心配してるジミーはほとんど病気。
なぜ彼がこれほど高インフレ心配性になっているかと言うと、70年代のアメリカを経験しているから。
そこで彼は大きく儲けたしアメリカの危機も見た、それはすごい興奮だっただろう。
はっきり言って、それが彼のトラウマとなっている。自分のトラウマに人を巻き込まないでくれと言いたい。
2013/08/03(Sat)16:55:48 編集
映像をお楽しみください。
picachu1234
まあ、たしかにまれに起こりことを
心配していることはたしかですネ。

ただそのてんについては実は小生も
心配しているのです。

ロバートキヨサキ氏が説明しています。
you tube の映像をお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=whGdFr6JTnc
2013/08/03(Sat)18:15:58 編集
予言者の手口
ジムロジャースの記事
マーケットタイミングは下手といいながら、そんな未来のことをよく言えるもんだ。矛盾だらけこいつ
2022年に自分がくたばるって意味かもしれないね
2013/08/03(Sat)20:14:16 編集
2023年までに日本とアメリカは財政破綻すると思う
変わり者
2023年までに日本とアメリカは財政破綻すると思う。

中国は世界の覇権国家となり、世界の基軸通貨は中国人民元となるだろう。

日本はその頃、中国の自治区に成ってるかもしれない。
2013/08/03(Sat)22:56:16 編集
もはやポジショントークでさえない?
HG
たしかにジムはインフレ率とその他の数値(失業率など)の連動を見てない感じがしますねぇ。

昔は労働モラルや生産インフラの重要性を重視してましたが、最近は日本に対しては緊縮財政の話ばかり。そのくせ中国の人口問題を指摘せず、共産党が発表する成長率や輸出入動向は丸呑み。

上のほうの方の指摘どおり、広告塔として飯を食ってるようにしか見えませんね。共産党から貰ってんのかNWOたくらんでる連中から貰ってんのかは知りませんが。

最近まともな予測は、買われすぎ/うられすぎで判断する短期的なFX予想ぐらいじゃないでしょうか。
2013/08/04(Sun)09:02:10 編集
ジムの言う事聞いても全く儲からない
ジムの言う事聞いても全く儲からない
最初にこのブログに訪れたのは、
リーマンショック後の2009年初め。

なぜあんな事が起きたのか、
少しでも知りたかった。

その後、コモディティ関連の
投資信託を、コツコツ買い増ししてきたが、
ほとんど儲からなかった


特に酷かったのは、ジムが時折薦めていた、
『天然ガス』。
この値動きを見てほしい。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=1689.T&ct=z&t=5y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

それなりの含み損が発生した。

『天然ガス』の将来性はあるが、
それは、日本に輸出される等
がされる、
数年後の話。

アメリカ国内の天然ガスは、
供給過剰で、大きく値崩れして、
あのようなチャートになった。
輸出が進まず需要はあまり変わらないのに、
シェールガス革命で供給が増えた。


数年後まで持ち続けるのは困難。
他の投資機会を失う。

今年の株の利益とぶつけて、
損切るつもり。


今から2009年に戻れるなら、
全力で新興国の株を買いあさりたい。


今後どうするかって?
ジムの売り払った日本株を、
安値拾いしていくだけ。
6月のような相場が崩れた時に、
コツコツ拾っていく。

金融緩和する国は、
1~2年は株価上昇の可能性が高い。

ジムの発言からではなく、
リーマンショック後の株価から学んだ事。

その先はどうするかって?
そんな先の話は分からない。
その時の世界の状況を見て判断する。


リーマンショック級のものが来たら、
一旦逃げ、落ち着いたら買い戻す。
買い戻す対象は、1~2年で回復しそうな国の株。

少なくとも、2022年以前に、
確実に、リーマンショック級のものが、
来ると思っている。


最後にもう一度。
ジムの言う事聞いても全く儲からないし、
ジムの言うように投資しても儲からない。

特に、ジムのポジション(日本株を買った・売った等)を
数ヶ月後に聞いても、そこから動くのは遅すぎる。
2013/08/04(Sun)14:16:29 編集
無題
人参
言っときますけど投資家なんてのは全員ポジショントークですからね。日本は2011年に破たんすると断言したかいるバスというアメリカのヘッジファンドも結局ポジショントーク。有名な投資家が言ってること鵜呑みにして儲かるなら全員儲かる。カモがいるから相場が成り立つのです。
2013/08/04(Sun)16:23:00 編集
無題
人参
アメリカが財政破たんする可能性はゼロ。中国元が世界の基軸通貨になる可能性もゼロ。米ドルが崩壊するなんて話、プラザ合意前(1985年頃)から言われてきた話でも、結局米ドルは崩れないばかりか日本の大不況の原因を作った。結局アメリカは明確な戦略を持った国だから崩れない。破綻もあり得ない。中国元は世界1信用のない通貨。世界中みてもロシア人以外だれも持っていないし信用がない。そりゃあれだけ共産党が裏で介入しておれば当然。結局金や現物が基軸になりえるわけもなく21世紀も米ドルが最低な中でも一番まともな基軸通貨だよ。
2013/08/04(Sun)16:30:36 編集
日本円と米ドルはハイパーインフレになる
変わり者
日本円と米ドルはハイパーインフレになる。

量的緩和を続ける国はそうなる。
2013/08/04(Sun)22:41:05 編集
無題
人参
>>日本円と米ドルはハイパーインフレになる

なりません。生産設備がこれだけ発達した21世紀にハイパーインフレなど起こりえるわけがない。どうしても起こすなら生産設備全部破壊したら起きると思いますよ。日本は逆にこれだけ債務が膨らんでしまうとハイパーレベルのインフレが起こってくれたほうが債務も一気に減るのでありがたいんですけどね。。。
2013/08/04(Sun)23:06:18 編集
無題
ニト造
ハイパーはかなり起きにくいとは思いますが、年5%とか10%とか20%のインフレを考えてます。

年20%が3回も起きれば、紙幣価値は半分以下ですから、これには備える必要があると思っていますが、、、。
2013/08/05(Mon)00:38:59 編集
舵取りを誤ればデフレに逆戻り
安山
政府が目指しているインフレターゲトは2%。舵取りを誤ればデフレに逆戻りすることもありえますよ。
2013/08/05(Mon)09:56:23 編集
無題
HG
日本でのハイパーインフレは、大規模な情報操作+ファンドの仕掛け のあわせ技がよほど上手くいけば起こりうるのかな、とも思いますが、長期的には生産力が衰えない限りありえないかなと。

中国がこのままの体制で主要国になることは確実にないと予測しますね。水がない土地にどうやって人が集まり産業が栄えるのか分かりません。体制が変わるにしても分裂→動乱→暗黒の時代へ とまだまだ道のりは長いでしょう。自然が回復するのにも時間がかかるでしょう。
今後10年ぐらいで中国が主要国になるならば、中国を人工大陸にでもするか宇宙人でも住まわせないと無理でしょう。
2013/08/05(Mon)10:53:23 編集
ハイパーインフレ等
ジムの言う事聞いても全く儲からない
>日本円と米ドルはハイパーインフレになるか?

 以前、戦前・戦後でなぜ
 日本がハイパーインフレに
 見舞われたか
 統計データ元に調べました。
 ドイツ等の他国の例も含め。

 ハイパーインフレの定義
 ※国際会計基準の定義では3年間で累積100%(年率約26%)の物価上昇。

 結論として、
 需要がある程度一定として、
 紙幣発行量急増+供給能力破壊(戦争・経済の無策等による)
 の条件が揃わないと、
 (意図的に)ハイパーインフレにしようとしてもできません。

 日本は長年、供給能力過剰が続き、
 供給能力破壊(戦争・経済の無策等による)の状態ではありませんので、
 ハイパーインフレになる可能性は、非常に少ないでしょう。

 現代での、つい最近の例としては、
 紙幣発行量急増+供給能力破壊(戦争・経済の無策等による)が揃った、
 ジンバブエの例があります。

 一方、10年後位に、
 日本が、
 ギャロッピングインフレ(年率10%超程度)
 になっている可能性は、
 今後のシナリオ次第でありうると思っています。


 米ドルは基軸通貨で、貿易決済の通貨であり、
 とっくに、アメリカ国内だけでの通貨ではないため、
 短期間で急激に貿易で使用されなくなり基軸通貨から転がり落ちる、
 等のよっぽどの事態がないと、
 ハイパーインフレになる事態が
 想像できないです。
 
 また、貿易決済の石油製品・エネルギー製品等の長期契約では、
 急に決済通貨を変えるのは、非常に難しい事も知っておく必要はあります。


>中国元が世界の基軸通貨になる可能性。

 中国との関係で中国元での貿易決済が増えています。
 
 但し、基軸通貨になるための最低限の条件の1つとして、
 各国が、中国元を市場で調達することを
 自由にできないといけません。

 
 その意味で、中国元が世界の基軸通貨になるためには、
 最低限、
 中国元が中国政府の管理下を離れ、
 自由に取引できる通貨となり、
 中国元の為替レートも、原則、自由化されないといけません。

 そう考えると、
 10年後に中国元が基軸通貨になっている状況を、
 現段階では想像できません。

 もっと長いスパンでしたらありうるでしょうが。。


 以前の私と同じように、
 マスコミ・著名?といわれる経済評論家(経済評論で飯を食う)
 に騙されないようにして下さい!
2013/08/05(Mon)12:36:39 編集
日本もアメリカもあと10年で財政破綻する
変わり者
日本もアメリカも国の財政赤字が多過ぎる。

国債の金利が上がったら利払いに困窮して財政破綻へ向かう。

今後、貿易赤字や経常赤字が定着したら財政破綻へ更に加速化する。

国民や企業は資産を海外へ移そうとキャピタルフライトさせるに違いない。
2013/08/05(Mon)22:17:01 編集
無題
人参
というかリーマンショック以降中国もアメリカや日本に負けず劣らず緩和やってますけどね。緊縮やってるのは欧州だけ。ただ、今のところ緊縮は全く効果がないばかりか国を痩せこけさせ、最後には破綻するだけ。ギリシャに続いてポルトガルやスペイン、イタリアと南欧が連鎖破たんするのは目に見えている。
2013/08/05(Mon)22:26:48 編集
破綻するのは量的緩和を続ける国
変わり者
破綻するのは量的緩和を続ける国。

ユーロもいずれそうなる。
2013/08/06(Tue)00:44:42 編集
無題
NONAME
ソロスもロジャースも見ている結論は同じ
そこに至る認識の違いが発言の違い

論理的整合が歪むことはあっても結論は変わらない
変えようとする気がなければ、
2013/08/06(Tue)00:50:09 編集
インチキ社会学者と同じ論法
HG
中国は日米より先にキャピタルフライトが始まっているようですが?
その点は無視するんでしょうねジムのように。

中国は米ドルにヘッジするように金を刷っていますが?
GDP成長分のほとんどが政府支出と言われていますが?
無視するんでしょうねジムのように。

中国共産党やNWOや副島信者の連中が言うことそっくりですな。
2013/08/06(Tue)08:58:47 編集
無題
HG
>>ソロスもロジャースも見ている結論は同じ

ソロスは長期的に中国押しでしたっけ。日本売りでもないような。

それとももっと長期的な予測の話ですか?
2013/08/06(Tue)09:09:27 編集
無題
人参
ジムはただ、イルミナティの支配するユダヤ国家アメリカに嫌気がさして中国、中国と言ってるだけですよ。今欧米は一気に中国から資金を引き揚げていますがこれもイルミナティの戦略。
2013/08/06(Tue)16:34:03 編集
ジムの事が嫌いなら、このブログを見なければ良いのに。
変わり者
>その点は無視するんでしょうねジムのように。

ジムの事が嫌いなら、このブログを見なければ良いのに。

書き込み内容もジムの悪口ばっかり。
2013/08/06(Tue)22:12:39 編集
PIGS経済が復活>X
安山
ユーロゾーンは緊縮でかなりやばそうなのにEUR/USDの動きを見てると意外と強い。
これはドイツや北欧などの成功国のおかげなのでしょうか?
ただギリシャなどのPIGS経済が復活するのは相当長引きそうですね。
2013/08/06(Tue)22:39:46 編集
無題
変人
人民元が基軸通貨?そのとおりになりそうだろうね。紆余曲折はあるだろうが、21世紀の覇権を握ることになるとは思うよ
2013/08/07(Wed)10:26:53 編集
で、結局は矛盾についての返答はなしかw
HG
私がここを見るのは、ここの掲示板に来る人の意見が参考になるからです。

私は以前は労働モラルや生産インフラを重視するジムの予測を当てにしていましたよ。
以前から居た人たちも最近のジムの発言の一貫性のなさに疑問を抱いていますが?
まぁ管理人さんが「ジムの意見に賛同できないやつは書き込むな」ってなら話が別ですが、以前の書き込みで自由な論議を許可なさってますから。

あなたとは論議できませんね。
予測についてのロジックが書いてませんから。
2013/08/08(Thu)08:08:38 編集
無題
HG
>>安山さん
単に米国の金融緩和につられて・・・って話じゃないでしょうか。

為替トレーダーも主要通貨はどれも不安を抱えてるので、短期短期で動かしている 小康状態?

PIIGSはユーロの根本的な問題が放置されたままなので、復活はユーロ問題の解決方法次第でしょうね。
ドイツがカネを出すのか、通貨価値が下がっても札を刷って投入するのか。いずれにせよドイツ国民に嫌がられ感嘆には生きそうもありません。
なんか大事件(軍事バランスが崩れたり)が起こったときに、共同体として大きく動いて、ばらばらになるかドイツがソンをしてでも解決するか、って感じになるのかなと思ってます。
2013/08/08(Thu)08:21:54 編集
無題
人参
以前、インタビューでジムは確か2013年を乗り切れば2014年、2015年はアメリカの経済が復活して世界的に好景気になるが2018年ごろ再び問題が起きるみたいなこと言ってませんでしたっけ?この前のインタビューでは来年もずっと景気悪いみたいなこと言ってましたよね。痴呆でしょうか?
2013/08/08(Thu)17:19:19 編集
マスコミの情報を鵜呑みにしてはいけない
変わり者
マスコミの情報を鵜呑みにしてはいけない。

ジムも最近はよく、周りがみんな言ってるからそれが正しいと信じ込んではいけないと苦言してます。

日米は明らかに中国よりも財政状況が悪いです。

貿易赤字も日米ともに多額。

そして通貨を大量に刷っています(量的緩和)。

ですから日米の方が中国よりも財政破綻やハイパーインフレになる可能性が高いと私は言ってるのです。

全く矛盾した考え方ではありません。

この予測についてのロジックは、既に何度か私は書いてます。
2013/08/08(Thu)23:06:44 編集
無題
ジムの言う事聞いても全く儲からない

まず、
国際収支の統計の読み方、
特に、「貿易収支と経常収支の違い」
を勉強されるとよいでしょう。


次に、
例えば、マネタリーベースでみると、
中国、米国、日本、等の緩和の度合いは、
こんな感じです。
http://kokka-vision.jp/_src/sc1203/92868CB4.pdf#search='%E4%B8%AD%E5%9B%BD+%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9+%E6%AF%94%E8%BC%83'
※少し古い資料ですが、現状も、それ程変わりありません。


私は中国関連の投資信託をほとんど売り払い処分しましたが、
ジムの言う事を信用し、
中国共産党の発表する情報・統計を信用するならば、

現状、中国株、中国関連の投資信託等を全力買いすべきです!

香港のハンセンH株指数は、PERたったの7倍です。
ロシアと同じくらい超割安ですよ!!
http://www.capital.co.jp/world_index.pdf
2013/08/08(Thu)23:46:10 編集
日本は継続的な経常赤字国へ陥りそうです
変わり者
日本は継続的な経常赤字国へ陥りそうです。

再び不況が到来したらそうなると思います。

私は中国政府の発表する統計を信用してません。

ジムもそう言ってますね。

中国株はまだ下落すると思います。
2013/08/09(Fri)00:49:11 編集
無題
人参
ジムが言うように日本が少子高齢化と巨額の債務で10年後くらいに破たんするってのも、アメリカが債務とインフレで破たんするかもってのも論理は正しいしその通りになるかもしれない。ただ、中国も同じくらい問題抱えた国だということは言うまでもない。結局、金融なんてのは最後は「信用」で成り立ってるもの。元が基軸通貨になるためには最低限「民主化」が必要なのではないでしょうか?私が知る限り欧州、アジア、アフリカ、南米見て回ってもいまだに世界の基軸通貨は米ドルでしたよ。「元」は基軸通貨はおろか国際的にも全く流通してませんでしたし、信用もない。
2013/08/09(Fri)12:40:50 編集
2022年という根拠
安山
2022年という根拠はなんでしょうか?
そんなにピンポイントで予測できるものでしょうか?
2013/08/11(Sun)13:25:38 編集
無題
ニト造
2022年ですか、、、。

いつかなんて誰にもわからないと思いますが、そんなに長い間、耐えられるものなのかな、と自分などは思っております。

無い知恵を絞って考えた挙句、以下の3つが持続的な日本債消化の条件だと思っています。
(過去20年以上は、不幸中の幸いか、この条件が大きく崩れることは無かったのではないのかな、と考えています。)

①国債による政府支出に対して、少なくとも同等額が、まわりまわって国内金融機関・個人・企業等に保留される。
②上記①の資本の運用先として、日本国債が選択される。
③国債利子と同等額以上の、国債収支黒字があり、これらの資本の運用先として、日本国債が選択される。

①は、貿易赤字分を金融黒字が埋めているので、それほど大きく崩れることは、当面は無いかなと思っています。
(貿易・金融TOTALで収支赤字が定着したときには、うちの母親とか、普段は興味のない人が、悲観論を口に出し始めるのではないかな、と思っています)

②は、いろいろな噂がありますが、よくわかりません。調査不足で、すいません。

③はすでに崩れたと思います。特に震災が、貿易赤字定着のターニングポイントになった気がします。
カイル・バスも、震災後に日本国債空売りのファンドを拡大し始めたようですから、彼らとしての動き出す条件が揃った、と判断したのではないかと思います。

私のような貧乏サラリーマンは、日本に住んで、働いているので、無傷でいるのは不可能でしょうが、うまくマイナスの影響を和らげる対策をしておきたいです。
2013/08/12(Mon)13:31:53 編集
信用経済
HG
通貨は信用 という観点から考えると
米ドルが一番信用されていると思います。
価値が半分になるかもしれないけど、かみっぺらにはならないという意味で。
軍事直的にはいうまでもなく、エネルギーや食料を自給できる強みは他の先進国より群を抜いていると思います。
通貨の信頼をなくすとしたら
一部の州が米国から独立するとか、国家としてまとまりがなくなったときじゃないでしょうか。
2013/08/14(Wed)08:52:27 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522] [521]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ