忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check





Swiss Central Bank Move 'Huge Mistake': Jim Rogers

2011年9月7日(CNBC):
ジム・ロジャーズ氏
「スイス国立銀行の行為は大きな間違いです。」



The Swiss central bank's decision to set a limit on how much the Swiss franc can appreciate against the euro is "a huge mistake," investor Jim Rogers, chairman of Rogers Holdings, told CNBC.com on Wednesday.

「スイス国立銀行(中央銀行)が、スイスフランのユーロに対しての相場に制限をつけたのは大きな間違いです。」
と、ジム・ロジャーズ氏は話しました。


On Tuesday, the Swiss National Bank set a minimum exchange rate of 1.20 Swiss francs for the euro, pledging to buy other currencies in unlimited amounts to defend the target.

 火曜日、スイスの国立銀行はユーロに対して1.20スイスフランの最低水準を設定しました。そして最低水準目標を守るために、無制限で外貨を買うと表明しました。
(参考ニュース記事)


The move "will work for a while, but the market will have more money in the end than the SNB," Rogers, who was the co-founder of the Quantum Fund with George Soros, told CNBC.com.

「その行為は、しばらくは影響を与えるでしょう。しかし結局は、市場のほうがスイスの国立銀行よりお金を持っています。」


The Swiss central bank risks losing "a lot of money buying up lots of foreign currencies which they will eventually sell at a loss," he explained.

「スイス中央銀行は、最終的に損失を出して売ることになる大量の外貨を買い取って、多くのお金を失うリスクをおかしています。」


Another risk is that the central bank will "totally debase the Swiss franc trying to keep Switzerland 'competitive' which will then destroy the traditional Swiss financial industry," Rogers said.

「もう一つのリスクとして、中央銀行がスイスの競争力を保つためにスイスフランの質を下げるのは、伝統的なスイスの金融業かを破壊することに繋がります。」


"So this is a huge mistake for Switzerland since they are going to suffer more either way," he added.

「そのため、この政策はスイスにとって大きな間違いです。彼らはより苦しくなるでしょう。」


引用元記事(一部抜粋)
PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
外貨投資素人
しかし、介入しなければどんどんスイス高になることになる
 日本も円高で苦しんでいるが、指をくわえて、市場の転換を待っているだけでは、崩壊するだけのような気がする。
 ただ、単独介入はあまり効果が薄いし、協調介入も難しい・・・
2011/09/11(Sun)10:32:03 編集
日本の為替介入も失敗すると思う
kawarimono
日本も為替介入すればする程、次の円安期間が強烈なものとなり、国民生活が崩壊するでしょう。エネルギーや食料が価格高騰して買えなくなる。そして日銀や財務省はコントロール不能に陥るでしょう。
2011/09/11(Sun)12:15:11 編集
まだユーロとドルを売っていないのでしょうか?
安山
このような状況下でジムはまだユーロとドルを売っていないのでしょうか?
まだだとしたら、結構評価損がふくらんでるんでしょうね。
2011/09/11(Sun)20:09:48 編集
もっと有効な事に投資すべき
安山
日銀や政府は介入により、莫大な損を出すよりも、もっと有効な事に投資すべきででょう。
商品、教育、福祉、子供、資源国、などへ。
ちなみにフィンランドは教育に投資して成功した好例です。
2011/09/11(Sun)20:15:38 編集
日本の円高
asia china
ドル安とユーロ安の結果としての円高が進行していますが、マスゴミと一部の輸出業者(下請け業者を含めた大企業群)が結託して、世論を煽っているだけです。円高で恩恵を受ける企業を殆ど報道せずに。ユーロが高かった頃1ユーロ=11元=160円でダイムラーやVWやBMWは苦境に陥ったのでしょうか?日本は円高の恩恵をもっと存分に享受し、海外の企業をどんどん買収すればいいんです。来る食糧危機に備えて農園を買収しまくればいいんですよ。マスゴミの垂れ流しする情報を真に受ける愚民が多いから日本は凋落していくんです。今回の経産省辞任も、記者クラブという既得権益の罠にまんまと嵌ってしまった結果だと見ています。反原発派の大臣が邪魔だったのでしょう。ところで、過去の歴史で自国通貨が高くなって崩壊した国ってあるんですか?オランダ病は有名ですがーー。オランダは崩壊はしていない筈ですが。
2011/09/11(Sun)22:39:56 編集
無題
ああああ
>asia china
気になってオランダ病をWikipediaでチェックしてきた
オランダは危機克服のために正社員を消滅させたと書いてある
そして賃金を下落させることで競争力を確保
GDPの増大に繋がったとある

なるほど魅力的な響きだ
公務員にしろ、すべての就労者をパートにする
賃金も一律だ、部長も派遣も同じ賃金

取締役をどう監視するかがネックだがね??
ここで日本でもこれが機能できるように監視をどうするか考えたいが
アイデアが浮かばない
低賃金では株も買えない
2011/09/12(Mon)00:15:11 編集
スイス砲
HG
ジムの持論ですね。介入を続けていくと、日本の米国債のように、売るに売れない状況になってしまうということでしょうか。

それにしてもスイス砲にくらべて、今の日銀砲のしょぼさときたら・・・買い目をつくっているだけに見えてしまいます。

日本も介入なんてしないで、その分被災地にばら撒けよ。資源買収だってエネルギー開発だって、金を使うところはいっぱいあるのに・・・
そのくせODAは続けるし挑戦学校無償化するし。ついでに増税して1ドル40円コースですかね。
2011/09/12(Mon)09:37:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ