忍者ブログ
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 NONAME]
[01/11 オレンジ]
[01/06 NONAME]
[12/31 NONAME]
[12/13 事務ロジャーズ]
[11/21 NONAME]
[11/19 二ト造]
[11/17 NONAME]
[11/14 国際投資コーポレーション]
[11/14 国際投資コーポレーション]
QRコード
スポンサード リンク
ジム・ロジャーズ新刊5月下旬発売
ブログ管理人プロフィール
HN:
みかん
性別:
男性
自己紹介:
ジム・ロジャーズ非公式ファンサイトの管理人みかんが書くジム・ロジャーズの情報ブログです。

コメントについて:
 コメントには出来る限り返事をしたいと考えていますが、タイミングを逃したり一度に多くのコメントを頂いたりした場合など、コメントをお返しできない場合があります。
 コメントは全て目を通しており、応援コメントも励みになっております。
 私からの返事がない場合もどうか気を悪くされず、ご理解頂ければ幸いです。

メール

冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト
永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み

ブログパーツ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




 ザイFX!のジム・ロジャーズインタビュー記事です。
 通貨について語っています。
 以下は一部抜粋なので、全文は引用元のザイFX!でご覧下さい。


2011年11月07日(ザイFX!):
著名投資家ジム・ロジャーズがザイFX!に語った21世紀の最強通貨とは?



――米ドルになぜそれほど弱気なのですか?


 米国は歴史的に見てもかなり高水準の国家債務を抱え、それがますます増え続けている。

 これは、経済がダイナミズムを失っていく時の大きな兆しだ。そのことは歴史をたどり、国家債務と経済成長の関係を研究すれば明らかだ。


 また、米国は景気対策として大量のドル紙幣を刷り続けているし、今後もそれを続けるだろう。
 このことが米ドルの価値を低下させていくことは明らかだ。


――そうした意味では、日本円も下がっても良さそうですが?


 日本円についてはここ何年も保有しているし、まだしばらく保有するつもりだ。私はアジアの将来に強気なので、その地域にある日本については、米国よりは強気に見ている。円高のトレンドはまだ終わっていないと思う。

 ただし、やはり日本も国家債務の問題が深刻であり、長期的に日本円を保有し続けるつもりはない。いずれ日本円も、ピークをつけて下落トレンドに入る時が来るだろう。

 しかし、まだその時ではないと思う。



 短期的には紆余曲折あるだろうが、長期的には米ドルが下がり、人民元の価値が上がるというのが歴史的なトレンドだろう。


引用元記事(一部抜粋)


国家債務危機――ソブリン・クライシスに、いかに対処すべきか?

PR


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check




この記事にコメントする


1記事のコメントは500コメントまでに制限されており、
それ以上のコメントは表示されませんのでご了承下さい。
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
基軸通貨
asia china
中国政府は、何時ドルペッグを止めるのか?何時為替の自由化を実施するのか?基軸通貨の米ドルから人民元への変化の過渡期にある現在、人民元が大きな関門を通過する日が刻一刻と迫っている気がします。中国の膨大な国家資産を裏づけにした人民元は最も信頼の於ける通貨として君臨していくでしょう。但し、中国人民の生活は苦しくなっていくことが予想されます。中国製製品には価格以外の優位性が見当たらないからです。90年代の日本が不況に苦しみながらも耐えられたのは、米国の巨大な自動車市場があったからです。ブランド力の無い中国企業は、どの様に稼ぎ頭を見出すのか?興味があります。欧米のように金融立国を目指すのか?
2011/11/09(Wed)08:49:21 編集
世界の中心
HG
アメリカが経済の中心でなくなる根拠が分かりやすく述べられてますね。

次の世界の中心は中国・・・といっているように聞こえます。そこで気になるのがエネルギーや環境面です。中国人の就業率が上がり輸出がもっと多くなるには、貿易赤字を続け中国製品を受け入れる大きな市場が必要ですが、どうなるのでしょうか。
内需主導の場合になるのでしょうか。
いずれにせよ水・食料・エネルギーには課題が残っているように思えます。あとは中国人がみんな車を持つようになれば地球環境は持たないという話もありますが・・・ ジムがどういう中国の発展を見ているのか気になります。
2011/11/09(Wed)10:57:09 編集
無題
asia china さんに同感ですが、個人的には先に香港ドルを中国元連動にしてくれないものかと考えています。
そうすれば安心して香港元が買える。

でも、通貨連動変更するなら同時だろうなあ。
2011/11/09(Wed)10:57:21 編集
無題
Chicago school
ワタシは中国が次の超大国になるという論理には懐疑的です・・

中国は、世界最大人口の重さに足を引っ張られそれがゆくゆくは足かせとなり、いわゆる一つの大国(良くて?)で終わるとみています

食糧最大輸入国となるような国家ですからね・・
だから世界各地に非難を浴びながらも確保に行ってるのです
と、バブルの収束も簡単にはいかないでしょう・・ハードランディングは政権維持(独裁)するためにはできないでしょうし、さりとてインフレ過熱も見過ごせない 苦しい実情を露見しています
と、覇権国家となるには無から何かを生み出すという独創性が必要だと思います・・アメリカは科学と高度な金融(これは破たんしかけてますが・・)等を世界が認めるものを生み出しました・・ある種強引にですが
*更に世界を屈服さすようなすごいものを極秘裏に開発しているという説もあります(あくまで憶測の範囲内ではありますが)
しかし、中国は日本が辿ってきたような(いやむしろそれ以下?)猿まねをしています
これでは・・・???

むしろ怖いのは皇帝プーチン(ロシア)です
潤沢な資源と軍事力を持ち剛腕プーチンが実験をにぎるのですから 侮れません。

最後にアメリカですが・・
かの国は なかなかしたたかだと感じています
ペーパーマネーの希薄さを逆手どって(欧州危機・米国景気停滞等)・・・主要国のソブリンリスク緩和と称して いずれオバマショック?みたいなのを何かの形で仕掛けてくるのではないかと思っていなす
それができるのも世界最大軍事力が有効な内に・・そう遠くない将来
と、うがった見かたをしています
*これに関しては、程度の低い予想屋みたいと自認してますが・・(恥)
日本は資源(海底)と科学技術があるので、それを三流政治家達が足を引っ張らずに、したたかに立ち回れば
良いのですが・・(三流政治家たちでは無理でしょうね、たぶん)
2011/11/09(Wed)13:29:42 編集
世界通貨:人民元
asia china
人民元が世界の決済通貨となった場合、オバマの要求どおりに切り上げて、1ドル=6.3元が1ドル=3.0元になっただけで、GDPで見れば中国は世界1位の米国に肩を並べます。人民元換算になる訳ですから。算数が分かれば誰が見ても理解できます。今後中国バブルが崩壊し、デフレになっても経済成長率は低く見ても3.0%位では行くでしょう。中国の税収は現在約100兆円ですが、1元=20円になっただけで、おおよそ200兆円になります。日本はたったの40兆円。増えても50兆円がいいところです。レートが動くということは世界の資産評価が、がらりと変わってしまう要素を秘めている訳です。5000万人もの生活保護者を抱える国が、11隻もの空母を維持していけるんでしょうか?おまけに2つの経済大国に国債を購入してもらわないと食べていけない国に何ができるんでしょう?おまけに他国の民主化デモを気にしていたら、NYのウォール街で反格差デモが起こり沈静化できない有様(笑)。中国は膨大な税収を武器に空母を10隻位まで増やしてくるでしょう。まだ、固定資産税も消費税も相続税も導入していないのに200兆円の税収。おまけに上海証券取引所はまだ外国人に開放されていません。金利も下げる余地がまだあります。現在分かっている事実を並べただけですが、これだけの違いがあるのです。今後10年、20年でどちらが成長していけるのか、公平な眼力を持った人ならば誰が見ても明らかです。
2011/11/09(Wed)23:24:12 編集
無題
Chicago school
国力とは経済力と軍事力です!

中国と米国の軍事力を見ても大人と子供です
そして一番大事なことを述べさせてもらうと ワタシが再三述べているペーパーマネーとは世界の(西側諸国)信認があって成り立つものです
*世界の金の現物所有も見てください・・これはスイス、アメリカ等西側が(ロスチャイルド等)圧倒数保有していると言われてます・・紙切れじゃない実物ですよ
西側とは思想が近いEU、米国、カナダ、豪、NZ、日本それと韓国、イスラエルあとスイスも・・今ならインド、南沙諸島問題のある国もつくかもね
いざとなれば敵多いからね 中国は。

いくら算数上では、これからの中国の試算が良くてもそれは世界・・つまり世界経済を今でも牛耳っている西側諸国にあるということを理解されていますか?

そして 乱暴に言えばその西側は中国を利用しているだけにすぎないのです。

いざ 欧州危機・米国経済危機というふうに世界が混乱してくれば(まさに今足音が聞こえていますが)
中国ごときがどうわめこうが必ず西側が(つまり世界経済を牛耳ってる側)
結託してブレトンウッズ体制なる展開をしてくるであろうと思われます

つまりワタシが言うこともどなた様が言うことも推測でしかないということで変わりないのです

過去より今現時点でも西側が牛耳ってきたこと そして今現時点でも西側の軍事力がはるかに中国を凌駕しているという事実しかないということです

そして今もアメリカ含め西側が中国などの共産国の警戒を一切緩めていないということです(更に警戒しています)

そのことは歴史がそうそう簡単には変わらないであろうということを意味しているというふうに思っていますが・・・

もし仮に中国が覇権をとるような情勢になっていくのであれば、親中でもないワタシみたいな人間はこの国から逃避しなければいけないですね
(それでも逃避先はアメリカになるのかなぁ)・・・「日本は中国の領土である」って言ってますしね

こんなとこで自由に体制批判も当然できなくなるし(泣)
そしてなぜジムがシンガポールにしたか?
中国を推す彼が上海でもなく香港でもなくマカオでもなく(ワタシもその中ならためらうことなくシンガポールにします)
彼はアメリカ人だからです・・・と、思います

「補足」
米国、豪州、カナダ、Eu諸国は食糧大国であるし資源大国でもある
もしも有事(経済混乱や戦乱)になったら 中国は・・??
2011/11/09(Wed)23:57:48 編集
アメリカ
ゆう
シカゴさんに同意です
今の中国を作ったのがアメリカであることを考えると、中国の台頭は想定内
同じく日本の台頭も想定内
輸出のみで立国した場合、日本とアメリカの1980年代の貿易紛争とおなじ結末が中国には待っていると思います。
TPPに中国が入ろうとすれば為替自由化、市場開放を受けるしかなく、米国のコントロール下にあるような気がします。
2011/11/10(Thu)11:42:27 編集
ゆうさんどうも(笑)
Chicago school
ワタシは実際のところ
反中でも親米でもありません。
(まあ一応、中道で少し右派色はありますが)
しかし昨今の過激な、かの国の行動には黙っていられずコメしている部分もあります

生まれてからずっと、長年しみついてきた自由主義というものが言葉として、つい出てしまいます・・
自由闊達にしゃべれることに誇りをもって自分なりに語っています(笑)

それと実際のところ、中国がどうこうというよりも今の欧州危機、米国経済停滞の方が非常に気になっていて、(色々な国内外の方の意見をことあるごとに拝聴はしていますが・・)

TPPうんぬんという話題も国内では沸騰してはいますが、実のところギリシャ・イタリアそして世界経済のきな臭ささと、さらに中東情勢にも目が離せません。
投資をするうえで日々密に情報取集し、更に先を見る目をジムのように養う努力をしています

今は世界の過度期?で、すごいリスクとすごいチャンスが混在している時代であるように思えて仕方ないです。

ブログ主様 本ブログの主旨とずれる部分も多々あると思いますがお許しください(礼)
2011/11/10(Thu)12:54:24 編集
それに比べて日本は・・・
HG
アメリカはやることはきっちりやっているということですね。
食料もエネルギーも自給できる。軍事力もある。今後世界中がもっと情勢不安になればその軍事力自体が商売になるし軍需産業でも稼げるでしょう。
あとはいかに国民をパニックにさせないかという国内の問題のほうが大きいのかな?
2011/11/11(Fri)13:28:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[449] [448] [447] [446] [445] [444] [442] [443] [441] [440] [439]
忍者ブログ [PR]
冒険投資家ジム・ロジャーズ非公式ファンサイト>ジム・ロジャーズ情報ブログ